委員会

Committee

ビジネス連携委員会

 ビジネス連携委員会は、業務シナリオWGで行う業務シナリオの開発を推進し、同時にそれらの活動を通して、メンバー企業が相互に連携した実際のビジネスケースを実証実験として具体化することを支援する。委員は、各業務シナリオのファシリテータによって構成され、WG間のスコープの調整や、新規WGの立ち上げなども議題とする。

委員長:堀水修(日立製作所)

 

標準モデル委員会

標準モデル委員会は、ゆるやかな標準の策定を推進し、個々のビジネスケースにおいて、業務シナリオを具体化する際に参照可能な活動や情報やモノなどを定義しライブラリとして提供する。活動WG、情報WG、モノコトWG、そしてデータWGが、実際のビジネスケースに対応して設定された内容をもとに、それぞれのモデルを策定する。

委員長:茅野眞一郎(三菱電機)

 

プラットフォーム委員会

つながる工場を実現するためには、そのためのインフラ、ツール、デバイス、そしてアプリなど必要なITのコンポーネントを組み合わせたプラットフォームが重要な位置をしめる。プラットフォーム委員会は、つながる工場のためのプラットフォームのあるべき要件を定め、IVIプラットフォームのリファレンスモデルを作成するとともに、実際に存在するプラットフォームを評価する。

委員長:木村文彦(東京大学)

 

インフラ支援委員会

IVIプラットフォームとしてつながる工場のしくみは、インフラ、ツール、デバイス、そしてアプリなどのコンポーネントがその要素となっている。こうしたつながる工場のためのしくみを、コンポーネントの立場からその要件を整理し、それにもとづいてコンポーネントの客観的な評価を行う。また、プラットフォームを必要としないコンポーネントについても同様にその利用環境を整備する。

委員長:前田智彦(富士通)

 

地方ネットワーク委員会

つながる工場の実現をそれぞれの地域ごとに独自の方法で進め、それらをネットワーク化することで、特に地域に根差した中小製造業を応援し、そこでのIoT化を推進するためのセミナー等を企画し実施する。また、地域の行政や支援機関と連携し、参加した中小企業に対する継続的なフォローアップやネットワーキングを行う。

委員長:古賀康隆(東芝)

 

諮問表彰委員会

IVIの活動を外部の目から評価し、そのあるべき姿やより具体的な施策などについて、理事会からの諮問に対して答申することで組織を常に健全でかつ社会のニーズにあったものとする。また、IVIつながるものづくりアワードを設け、その対象者の選定および表彰を通して、IVIの活動の方向性を定める。

委員長:小川紘一(東京大学)

 

パブリシティ委員会

パブリシティ委員会は、IVIのさまざまな活動を対外的に発信するうえでの方針や具体策などを検討するとともに、外部の団体との情報共有のためのコンテンツやしくみづくりを推進する。特に、海外への情報発信のための窓口として、その具体的な方策を検討し、国内では中小企業への普及のためのよりわかりやすい広報を追及する。

委員長:関 行秀(日本電気)

 

ページの先頭へ