IVIシンポジウム - Autumn -(終了しました。)
― プラットフォーム時代のものづくり -

日時:2016年10月13日 9:30 ~ 17:00(受付開始9:00)
場所:TKP市ヶ谷カンファレンスセンター (JR市ヶ谷駅徒歩2分)

 

主催:一般社団法人インダストリアル・バリューチェーン・イニシアティブ
後援:ロボット革命イニシアティブ協議会、
日本機械学会生産システム部門、
日刊工業新聞社、日経ものづくり、MONOist

   

    

23の業務シナリオWGなど、約半年間の活動の成果として、実証実験や活動の報告の場として「IVI公開シンポジウム2016 ― Autumn ―」を開催しました。今年度の取り組み概要、業務シナリオWGの活動報告、ドイツ最新事情レポート、今後の取り組み、などの情報をお届けしましました。多くの来場者により、懇親会も含め、大盛況でした。

午前:8階大ホール 
午後:グループA…8階バンケットA グループB…7階ホール7B 
懇親会:8階大ホール

参加者数:830名(延べ人数)

参加費:無料

プログラム

9:30 オープニング 司会:関 行秀(NEC)
9:35 特別講演「第4次産業革命のインパクトと求められる施策とは」
経済産業省 製造産業局 デジタル化・産業システム担当)(併)ものづくり政策審議室長 
徳増 伸二様
10:05 ドイツ事情報告
IVIエバンジェリスト:
Axel Henning Saleck氏
&Jun Matsumoto氏
10:50 休憩  
11:05 プラットフォーム調査レポート
~日本版プラットフォームの可能性~
プラットフォーム調査タスクチーム
杉江周平(三菱総合研究所)
11:35 製造業による製造業のための「つながる工場」プラットフォームのビジネスモデル~加速するIoT時代を突っ走れ!~
IVI理事長:西岡 靖之
12:30 午前の部終了  
13:30 午後の部は2つの部屋に分かれて各業務シナリオWGの紹介を行います。プログラムは裏面を参照ください。 各業務シナリオWG  
17:00 午後の部終了  
17:30 懇親会開始  
19:30 懇親会終了  


注意事項及びお願い:
・受付は8階の受付会場となります。午後からなど途中からのご参加の方も、一度8階受付で受付をお済ませください。受付でネックホルダーをお渡しいたします。
・午後の2つの会場は出入り自由となっております。ご希望する部屋が満席の場合は、立見または入場できない場合もございます。予めご了承ください。
・懇親会は実費(4,000円)となります。領収書を準備いたします。 懇親会開始30分前より受付を開始いたします。

午後Aグループ 会場:8階バンケットA

時間 WG カテゴリ タイトル ファシリテータ
13:30 (開会)
13:35 2M01 保守サービスPF 自社製品販売後のサービス付加価値向上
北野芳直(日本電気)
13:45 PF08 保守サービスプラットフォームWGの活動紹介
柏田 淳一 (アビームシステムズ)
13:55 2A01 生産技術情報PF 工程情報と製造ノウハウのデジタル化
西村栄昭(ブラザー工業)
14:05 2A02 設計変更時の生産準備情報の連携

野崎直行(富士通)
14:15 2B01 CPSによるロボットプログラム資産の有効活用
福田 浩(日立産業制御ソリューションズ)
14:25 PF01 生産技術情報プラットフォームWGの活動紹介
山本 泰司(シーメンス)
14:35     (休憩)  
14:45 2F01 企業間連携PF 標準I/FによるサプライチェーンのCPS実現
澤永正行(日本電気)
14:55 2F02 標準I/FによるサプライチェーンのCPS実現(出荷物流)
古賀康隆(東芝)
15:05 2G01 工程情報の共有と企業間連携
大島 啓輔(小島プレス工業)
15:15 2G02 複数工場間での工程進捗と納期管理
寺澤辰也(富士通)
15:25 PF04 企業間連携プラットフォームWGの活動紹介
前田 智彦(富士通)
15:35     (休憩)  
15:45 2H01 企業まるごとPF 中小企業の水平連携における技術情報の伝達と共有
湊 研太郎(海内工業)
15:55 2H02 中小企業の水平連携と進捗の見える化
石岡和紘(エー・アイ・エス)
16:05 2H03 町工場の生産工程お知らせサービス
小川 文子(伊豆技研工業)
16:15 PF05 企業まるごとプラットフォームWGの活動紹介
川内 晟宏(ITコーディネータ協会)
16:25 申請中WG 工場内のすべての設備の稼働状況管理
伊藤 昭仁(シムトップス)
16:30 サプライズ!プラットフォーム番外編
西岡靖之
16:40     Aグループ・クロージング  
16:45     (終了)  

午後Bグループ 会場:7階ホール7B

時間 WG カテゴリ タイトル ファシリテータ
13:30 (開会)
13:35 2D02 現場情報管理PF 先端IoTを活用した変種変量生産における作業者支援
多田光博(コニカミノルタ)
13:45 2E01 品質データのトレーサビリティ
渡辺嘉彦(矢崎部品)
13:55 PF02 現場情報管理プラットーフォームWGの活動紹介
金村 仁美(NEC)
14:05     (休憩)  
14:15 2C01 計画実績連携PF 人・物のリアルタイムなデータ収集によるタイムリーな生産計画変更
国保典男(CKD)
14:25 2C02 安価に実現するモノの位置管理システム
石田 修一(ヤマザキマザック)
14:35 PF03 計画実績連携プラットフォームWGの活動紹介
中村昌弘(レクサーリサーチ)
14:45     (休憩)  
14:55 2K01 予知保全PF プレス機とパネル搬送装置の予知保全
森 健一郎(オムロン)
15:05 2K02 みんなの予知保全(次世代センシング技術による予知保全データの活用)
松岡康男(東芝)
水野博之(CKD)
15:15 2K03 突発的な設備故障に対する安価な予兆システム
内藤信吾(ダイフク)
杉浦 伸幸(トヨタ車体)
15:25 PF06 予知保全プラットフォームWGの活動紹介
池田 和史(東芝)
15:35 (休憩)
15:45 2J01 設備管理PF 人と設備が共に成長する工場ものづくり改革
福田 徹(トヨタ自動車)
15:55 2L01-1 設備稼働データによる保守/保全の効率化
福本 勲(東芝)
16:05 2L01-2 保全ナレッジ活用による保守/保全の効率化
幸坂知樹(電通国際情報サービス)
16:15 2L04 設備と人の見える化による生産性の向上
市本 秀則(マツダ)
16:25 2L05 企業間の生産情報共有による生産リソースの相互融通
堀水 修(日立製作所)
16:35 PF07 設備管理プラットフォームWGの活動紹介
千葉 勝久(東芝)
16:45 サプライズ!プラットフォーム番外編
西岡靖之
16:55     Bグループ・クロージング  
17:00     (終了)  

参加企業

WG番号 WG名 参加企業
2A01 工程情報と製造ノウハウのデジタル化 ブラザー工業、オークマ、日立製作所、三菱電機、電通国際情報サービス、図研プリサイト、日本電気、日立ソリューションズ、ソニー、アビームシステムズ、ジェイテクト
2A02 設計変更時の生産準備情報の連携 富士通、ソニーグローバルマニュファクチャリング&オペレーションズ、シーイーシー、東洋ビジネスエンジニアリング、IHI、富士電機
2B01 CPSによるロボットプログラム資産の有効活用 安川電機、日本電気、旭硝子、シーイーシー、三菱電機、三菱総合研究所、本多通信工業、日立産業制御ソリューションズ
2F01 標準I/FによるサプライチェーンのCPS実現 日本電気(株)、キヤノンITソリューションズ、ブラザー工業、NTTデータ、日本ユニシス、日立製作所、ソニーグローバルマニュファクチャリング&オペレーションズ
2F02 標準I/FによるサプライチェーンのCPS実現(出荷物流) 東芝、東芝ロジスティクス、日本精工
2G01 工程情報の共有と企業間連携 小島プレス工業、伊藤忠テクノソリューションズ、ITコーディネータ協会、ウイングアーク1st、日立産業制御ソリューションズ、アビームシステムズ、キヤノンITソリューションズ、フロンティアワン、東洋ビジネスエンジニアリング、富士通
2G02 複数工場間での工程進捗と納期管理 富士通、三菱重工業、富士ゼロックス、三井造船、三菱総合研究所、三菱電機、NTTデータ、日本精工
2H01 中小企業の水平連携における技術情報の伝達と共有 由紀精密、石原金属化工、富士ソフト、今野製作所、電化皮膜工業、海内工業、アビームコンサルティング、エコノサポート
2H02 中小企業の水平連携と進捗の見える化 エー・アイ・エス、今野製作所、ITコーディネータ協会、栗田産業 、富士通、西川精機製作所、アプストウェブ、
2H03 町工場の生産工程お知らせサービス 伊豆技研工業、インテック、DTS、小島プレス工業、ITコーディネータ協会、光機械製作所
2M01 自社製品販売後のサービス付加価値向上 日本電気、サトー、中村留精密工業、アビームシステムズ 、大竹麺機、NTTコミュニケーションズ、ニコン、三菱電機、アビームコンサルティング
     
2D02 先端IoTを活用した変種変量生産における作業者支援 コニカミノルタ、日産自動車、アドソル日進、日本電気、ジェイテクト、富士フイルムエンジニアリング、三菱電機、東芝、国際経済研究所
2E01 品質データのトレーサビリティ いすゞ自動車、矢崎部品、アンリツ 、日本ダイレックス、富士通アドバンストエンジニアリング、ソニーグローバルマニュファクチャリング&オペレーションズ、日本電気 、新川、パナソニック、理化工業、十和田エレクトロニクス 、日立ソリューションズ、インテック、富士ゼロックス
2C01 人・物のリアルタイムなデータ収集によるタイムリーな生産計画変更 CKD、デバイス販売テクノ、日本電気、横河電機、レクサー・リサーチ、川崎重工業 、パナソニック、三菱重工業(株)
2C02 安価に実現するモノの位置管理システム ヤマザキマザック、十和田エレクトロニクス、アンリツ、コマツ、日本精工、三菱総合研究所、三菱電機、富士電機、アビームコンサルティング、富士通アドバンストエンジニアリング
2K01 プレス機とパネル搬送装置の予知保全 オムロン、マツダ、iTiDコンサルティング、CKD、三菱電機、日立製作所、電通国際情報サービス、富士通
2K02 みんなの予知保全(次世代センシング技術による予知保全データの活用) 東芝、新川、三菱電機、日本電気、マイクロネット、エヌエスティ・グローバリスト、伊藤忠テクノソリューションズ、中村留精密工業 、インテック、CKD、日本精工 、富士通アドバンストエンジニアリング
2K03 突発的な設備故障に対する安価な予兆システム ダイフク、リコー、東芝、たけびし、NTTデータ、トヨタ車体、三菱電機、日本オートマチックマシン
2J01 人と設備が共に成長する工場ものづくり改革 トヨタ自動車、パナソニック、マツダ、ジェイテクト、オムロン、富士通、明治電機工業、テービーテック
2L01-1 設備稼働データによる保守/保全の効率化 東芝、富士電機、三菱電機、安川電機、日本電気、新東工業、中村留精密工業、三菱重工工作機械、立命館大学大学院
2L01-2 保全ナレッジ活用による保守/保全の効率化 電通国際情報サービス、マツダ、ソフィックス、日本電気 、ソニーグローバルマニュファクチャリング&オペレーションズ、オークマ、産業技術総合研究所、インタフェース
2L04 設備と人の見える化による生産性の向上 神戸製鋼所、マツダ、オークマ、三菱電機、不二越、東洋ビジネスエンジニアリング、CKD、日立産業制御ソリューションズ、デバイス販売テクノ、イマック、いすゞ自動車 、インテック、シーイーシー、パナソニック
2L05 企業間の生産情報共有による生産リソースの相互融通 日立製作所、ニコン、ブラザー工業、産業技術総合研究所、三菱電機


 

ページの先頭へ