製造業ITマイスター指導者研修(予告)

 

IVIシンポジウム2018にて、製造業ITマイスターという人材像についてパネルディスカッションがあり、新しい製造業の未来を担う人材としての期待が高まりつつあります。製造業ITマイスターとは、ものづくりに軸足を置きつつ、道具としてITやIoTを使いこなす人材であり、現場の信頼を一手に集め、他の現場との連携や、場合によっては他の企業の現場ともデジタル技術を片手にわたりあう人のことです。

大手企業、中堅企業の中には、こうした人材が孤軍奮闘しているかもしれません。情報システム部門にたよらず、少ない予算で頑張っているみなさん、集まってください! また、中小企業でも、社長の右腕として、ITの専門家ではないのに、Excelやいろんなフリーソフトを駆使して社内のデジタル化に奔走しているあなた! セミナーで知識と技術を再度学び、人的ネットワークも広げませんか?

本プログラムは、厚生労働省から委託された事業であり、ITコーディネータ協会が窓口となり、まさに製造業とITとが融合したあたらしいカリキュラムを作っていくことになります。正式な募集開始は4月初旬となりますが、まずは事前のご案内のパンフレットを作成しましたので、ご覧ください。

パンフレット

再一回の募集は20名と人数に限りがありますので、あらかじめIVI事務局にご一報いただければ、募集開始時にご案内をいたします。

ページの先頭へ