j-news

IVIニュースレターNo.28(2019/8/20)

 秋のシンポジウムは10月10日(木)に京都で開催することとなりました。まずはご予定に書き加えてください。
 これに先立ち、今年度の業務シナリオWG、18テーマが活動を開始しました。5年目となる今年で累計104の業務に即したテーマを数えることになります。シンポジウムでは今年度WGの活動内容紹介をはじめ、旬な話題を提供します。ぜひご期待ください。


≪ 公開シンポジウム2019 -Autumn- 日時・場所のご案内 ≫

 恒例の公開シンポジウム、春は東京開催、秋は一昨年から東京を離れて、名古屋、大阪と移ってきましたが、今年は京都で開催します。内容の詳細は現在詰めているところですが、まずはご予定の確保をお願いします。
 申込み開始は9月上旬を予定しています。

◆日時:10月10日(木)13:00~
◆場所:国立京都国際会館(京都市左京区宝ヶ池)Room A
 https://www.icckyoto.or.jp/visitor/access/getting_here/

◆プログラム(予定):
・招待講演 慶応大学理工学部情報工学科教授 山中直明氏(データ取引など)
・基調講演 IVI理事長 西岡靖之
・ものづくりデータ取引の基盤となる「CIOF(Connected Industries Open Framework)」の取組み紹介
・18の業務シナリオWGの活動内容発表 など

◆参加費:未定


≪ 業務シナリオWG スタート ≫

 8月8日(木)に18テーマがキックオフしました。今年度は4つのカテゴリで走り出しました。興味あるテーマはどれでしょうか?

A:品質保証と設計(5テーマ)
B:設備と保全(3テーマ)
C:カイゼンと全体最適(6テーマ)
E:企業間のつながる化(4テーマ)

今年度のWG一覧と当日の様子:

 


≪ 今年度の各委員長より(2) ≫

 今回は上記業務シナリオWG活動を推進する、ビジネス連携委員長からその活動と抱負を紹介します。

ビジネス連携委員会:水野 博之 委員長
 2019年度の業務シナリオ合同WGがスタートしました。今年で5年目となりますが、IVI発足以来100を超えるシナリオの完成を目指して、18グループの皆さんが意気揚々と活動を進めていきます。そして今年の合言葉は“PoCから堅実実装へ”です。こんなことが出来たら凄いね!の活動から、こんな便利な手法があります!の提案に変わっていこうとしています。また国プロCIOFからの参加もあり、近い未来への階段を徐々に上がっていきます。従いまして、来年春の公開シンポジウムでは、今まで以上にステキな報告が聞いてもらえるものと思っています。
 この業務シナリオ合同WGの開催ですが、奇数月には地方開催となり、東京、名古屋、広島に分かれての活動となります。未だ活動に参加されていない方も、是非WGの扉をたたいてみてください。待っています・・・。

◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
編集部から
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 そのうち猛暑も終わると、秋のシンポジウムの時期です。今年は日本の工業技術集積地の一つである京都で開催します。「伝統の」を枕詞に付けそうになりますが、いえいえやはり「最新の」がふさわしい地で「つながるものづくり」を考えてみましょう。観光客も多く、移動と宿泊の下調べは今すぐどうぞ。 

→ 本メールの配信停止
  http://iv-i.org/newsletter/index-ja.html
→ IVIへのお問い合わせ、本メールへのご意見・ご感想
  http://iv-i.org/contacts.html

【IVI総合企画委員会】
委員長 冨田 浩治、IVIニュースレター編集担当 木村 和生

Copyright 2019 インダストリアル・バリューチェーン・イニシアティブ
 掲載記事の無断転載を禁じます。文中の商標等は各社に属します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━