お知らせ

お知らせ

コネインの連携仕様を公開しました。パブリックレビュー開始

製造業のデジタル化はIoTの普及とともに、そのスピードを増しています。デジタル化が進むことで、企業間のつながり、生産現場間のつながり方が様変わりするでしょう。日本政府が提唱するConnected Industriesの具体化の一つの形態として、IVIが中核となり国からの補助を得て開発および実証実験を行っているCIOF(Connected Industries Open Framework)があります。これは、製造業におけるデータ利活用のためのさまざまなプラットフォームが、それぞれのデータを相互に流通させるためのしくみといえます。

このたび、CIOFを個々の企業やサイトでシステムとして実装するための技術仕様書の内容がまとまりました。本内容を最終確定するまえに、多くの関係者の意見を取り入れることを目的として、パブリックレビューを行います。いただきました意見をもとに、本仕様は、2019年3月までに確定し、関連するシステム実装の詳細仕様の相互運用性を高めるために、最終的に国内および国際的にも広く公開する予定です。

ダウンロード:
製造プラットフォームオープン連携事業
システム基本要件仕様

コメントの送付先 
インダストリアル・バリューチェーン・イニシアティブ事務局
メールアドレス:office[at]iv-i.org
([at]の部分を@マークに置き換えてください。)

コメントの〆切:2019/1/15

平成29年度補正予算 産業データ共有促進事業費補助金「製造プラットフォームオープン連携事業」について
https://sii.or.jp/datashare29r/adoption_result2.html
(環境共創イニシアティブのページに移動します)


お知らせ

IVIとドイツのFIWAREおよびIDSAがMoUに調印しました。

IVIは、2018年10月15日にドイツのFIWARE Foundation(CEO Ulrich Ahle、以下FIWARE)およびInternational Data Spaces Association(Chairman Dr. Reinhold Achatz、以下IDSA)と協力して、ビジネスエコシステムにおけるデータのセキュリティとその安全な利用・交換で共通ガバナンスモデルの標準化を推進することに合意しました。
続きを読む “IVIとドイツのFIWAREおよびIDSAがMoUに調印しました。”


お知らせ

世耕経産相も参加したConnected Industries カンファレンス2018に西岡理事長が登壇しました。

2018年10月15日、都内で開かれた経済産業省主催「Connected Industries カンファレンス2018」に西岡理事長がパネリストとして登壇しました。登壇したセッションは「ものづくり分野における協調領域の拡大」をテーマにIVIが幹事会社として採択され、事業を進めている「製造プットフォームオープン連携事業(最下部参照)」について、世耕経産相のほか、コンソーシアム企業であるDMG森精機森社長、日立製作所東原社長、ファナック稲葉会長、三菱電機山西特別顧問らと意見交換をしました。

左から2番目が西岡理事長、右から2番目が世耕経産相

続きを読む “世耕経産相も参加したConnected Industries カンファレンス2018に西岡理事長が登壇しました。”


お知らせ

IVIつながるものづくりアワード2018決定!

2017 年度に活動した22 の業務シナリオWGの中から「AI による生産ラインの生産性向上と自動化進展~第一弾:検査工程への取り組み~ ファシリテーター:マツダ株式会社」の受賞が決定しました。ビジネス連携委員会 西村栄昭委員長(ブラザー工業株式会社)による総評では、設備の稼働、生産性の向上のみならず、現在の日本のものつくりの大きな課題でもある、品質向上、トレーサビリティの担保などにも取り組み、大きな成果を上げていることが挙げられていると称えました。
続きを読む “IVIつながるものづくりアワード2018決定!”



お知らせ

IVIと台湾の工業技術研究院(ITRI)がMoUに調印しました。

IVIは、2018年8月30日に台北市にて台湾を代表する研究機開発機構である「工業技術研究院 Industrial Technology Research Institute of Taiwan(以下ITRI)」と産業向けIoT(インダストリアルIoT:IIoT)推進で連携する合意文書(MoU)に調印しました。

IVIとITRIは、以下の活動で連携することに合意しました。

  1. 保有する技術や知見の交換共有
  2. ユースケースの共有
  3. 両者の交流や連携の促進など互いに協力できる分野での幅広い活動

(写真中央が西岡理事長)

IVIとITRIは日台相互でインダストリー4.0に関する情報交換、互いの活動への相互参加などを通じユースケース作成、産業プラットフォーム接続など、両者が連携してエコシステムの育成を目指して協力していきます。


お知らせ

IVIモデラーベーシック版リリース

本年度の業務シナリオWGにて利用する2018年度版のIVIモデラー(ベーシック版)をリリースしました。ライセンスキーは不要ですので、IVIメンバーはどなたでも利用できます。

サイト版とは異なり、ローカルコンピューター上でデータを保持しますので、レスポンスは各段に向上しております。インストールおよび簡単なチュートリアルも載せましたので、ぜひご活用ください。

180710_IVIModeler2018_BasicEdition

なお、ダウンロードは、以下のサイトから可能です。

https://iv-i.org/ivimodeler/

ご質問、ご要望等は、オープングループにて受け付けております。こちらもあわせてご活用ください。

会員ページ → グループ → オープングループ → IVIモデラーサポートページ


お知らせ

第2回 IIC&IVI合同ユースケース共有セミナー を開催しました。

Industrial IoT(IIoT)の実現のために設立されたアメリカに本部を置くインダストリアル・インターネット・コンソーシアム(以下IIC(Industrial Internet Consortium)))とIVIは、2017年4月26日、ドイツのハノーバー市にて、インダストリアルIoT(IIoT)推進で連携する合意文書(MoU)に調印しました。

続きを読む “第2回 IIC&IVI合同ユースケース共有セミナー を開催しました。”


お知らせ

第2回 IIC&IVI合同ユースケース共有セミナー:開催のご案内

2017年4月26日、ドイツのハノーバー市にて、インダストリアル・インターネット・コンソーシアム(以下、IIC)とインダストリアルIoT(IIoT)推進で連携する合意文書(MoU)に調印しました。この合意に基づき、このたび、第2回のIIC・IVI合同セミナーを実施することとなりました。IIC、IVI会員以外の方にも広く参加いただけるイベントで、IIC、IVIそれぞれの活動内容、IICで実施されているテストベッドの活動内容、IVIで実施されている業務シナリオWGの活動内容を共有いただける場となります。

ご多用の折とは存じますが、是非この機会にIICとIVIのユースケース共有セミナーにご参加いただきたくお願いします。

◆日時:2018年6月1日(金) 13:15~17:20 (受付開始 13:00)

◆会場:東京ビックサイト 1階 レセプションホールA

◆定員:420名(IIC、IVI会員以外にも広くご参加いただけます)※同時通訳付

◆お申込み方法
  ・IVI会員(会員アカウントをお持ちの方):IVI会員専用ページからのお申込みをお願いします。
  ・非会員/会員アカウントをお持ちでないIVI会員:併催の展示会「スマートファクトリーJapan 2018」へ事前登録いただき、そこからお申込みください。
 http://biz.nikkan.co.jp/eve/smart-factory/

プログラム(PDF)

お問い合わせ:IVI事務局


お知らせ

IVIと日本電機工業会(JEMA)がMoUに調印しました。

2018年4月19日、IVIは一般社団法人日本電機工業会(会長 北澤 通宏、以下JEMA)と、スマートマニュファクチャリングの実現と電機産業の振興において、互いに連携・協力することに合意し協定を締結しました。

続きを読む “IVIと日本電機工業会(JEMA)がMoUに調印しました。”