(日本語) つながる工場の事例紹介

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

工場まるごと連携プロジェクト

NPO法人ものづくりAPS推進機構では、個別設計生産を行う仮想企業であるAPSOM電機の生産革新プログラム2020の実現へ向けて、受注から生産計画、工程計画、購買管理、在庫管理、そして詳細スケジューリングや製造実行管理までを、共通のプラットフォームであるPSLXを用いて非常に少ない工数でデータ連携することができました。データ連携による新たな業務の様子は、2014年11月13日、14日の2日間、東京ビックサイトにてデモが行われ、大きな関心が寄せられました。

参加企業:富士通アドバンストエンジニアリング、ゴール・システム・コンサルティング、構造計画研究所、シムトップス、横河ソリューションサービス、ケー・ティー・システム

 

板金加工「つながる町工場」プロジェクト

東京都足立区および江戸川区に拠点を置く3つの町工場が、ついに動き出しました。それぞれ、従業員は20人に満たない小規模製造業が生き残るためには、ふだんはライバルである同業者であっても、お互いに手を結び、業務の共通化、効率化を図るしかない。リーダーの今野浩好社長の掛け声のもと、まずは生産管理システムのIT化、見える化、つながる化を進めています。現場の担当者も巻き込み、相互に勉強会を頻繁に実施し、なんと3カ月でシステムの稼働にこぎつけました。

参加企業:今野製作所、西川精機製作所、エー・アイ・エス

異なる企業の業務プロセスをつなげることで、あらたな付加価値が生まれた事例をお寄せください!