News

j-news

IVIニュースレターNo.28(2019/8/20)

 秋のシンポジウムは10月10日(木)に京都で開催することとなりました。まずはご予定に書き加えてください。
 これに先立ち、今年度の業務シナリオWG、18テーマが活動を開始しました。5年目となる今年で累計104の業務に即したテーマを数えることになります。シンポジウムでは今年度WGの活動内容紹介をはじめ、旬な話題を提供します。ぜひご期待ください。


≪ 公開シンポジウム2019 -Autumn- 日時・場所のご案内 ≫

 恒例の公開シンポジウム、春は東京開催、秋は一昨年から東京を離れて、名古屋、大阪と移ってきましたが、今年は京都で開催します。内容の詳細は現在詰めているところですが、まずはご予定の確保をお願いします。
 申込み開始は9月上旬を予定しています。

◆日時:10月10日(木)13:00~
◆場所:国立京都国際会館(京都市左京区宝ヶ池)Room A
 https://www.icckyoto.or.jp/visitor/access/getting_here/

◆プログラム(予定):
・招待講演 慶応大学理工学部情報工学科教授 山中直明氏(データ取引など)
・基調講演 IVI理事長 西岡靖之
・ものづくりデータ取引の基盤となる「CIOF(Connected Industries Open Framework)」の取組み紹介
・18の業務シナリオWGの活動内容発表 など

◆参加費:未定

続きを読む “IVIニュースレターNo.28(2019/8/20)”

j-news

IVIニュースレターNo.27(2019/7/8)

 IVIも新年度から3か月が経過し、この間、平成から令和に時代が移る中で活動が本格化しています。今年度の業務シナリオWGも立ち上がりつつあり、さらに「ものづくりデータ取引」への取り組みも本格化しつつあります。
 令和元年もIVIにご注目ください。


≪ 「ものづくりデータ取引」セミナー報告 ≫

 7月2日(火)午後、東京・市ヶ谷のTKP市ヶ谷カンファレンスセンターで「ものづくりデータ取引」プロジェクト説明会を開催しました。説明会の会場には81人の来場者が詰めかけ、東京会場の内容をネット中継した名古屋会場(ブラザーミュージアム)では15人が参加しました。東京会場は前方に設けた関係者席を除いてほぼ満席という状況で、同プロジェクトに対する産業界の関心と期待の高さをうかがわせました。

 説明会では渡部裕二事務局長がIVIとその活動内容を紹介し、続いて西岡靖之理事長がものづくりデータ取引やCIOFの概要、ステークホルダー別のビジネスモデル、今後のスケジュールなどについて詳しい説明を行いました。CIOFとはConnected Industries Open Framework の略で、政府/経済産業省が進めるコネクテッドインダストリーズ(コネイン)対応のプラットフォームを作るプロジェクトです。参加者は、CIOFがどういったもので、ブロックチェーンを使った新しいデータ取引の仕組みがいつ本格的に商用化され、どういったビジネス上のメリットがあるのか、といった部分について熱心に聞き入っていました。

会場の様子

資料公開中:
https://iv-i.org/wp/ja/2019/06/27/ciof_seminar/

続きを読む “IVIニュースレターNo.27(2019/7/8)”

お知らせ

「ものづくりデータ取引」プロジェクト実現セミナー

【緊急開催】6月17日(月)日本経済新聞1面トップに掲載されました「ものづくりデータ取引」に関するIVIの取り組みに関して、その内容を広く一般の皆さまに紹介するセミナーを急きょ開催することとなりました。

日時:2019年7月2日(火)14:00~17:00
場所:TKP市ヶ谷カンファレンスセンター ホール5C
https://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/cc-ichigaya/

プログラム概要:
1.IVIのご紹介
2.ものづくりデータ取引とは
3.CIOFアーキテクチャー概要
4.システムの実装方法と動作イメージ
5.ステークホルダー別ビジネスモデル
6.今後のスケジュールとビジネス展開
7.プロジェクトへの参加方法
8.質疑応答

参加資格:IVI会員、非会員の区別なく参加可能です。
参加方法:事務局まで氏名、連絡先メールアドレスとともにお申込みください。定員(100名)になり次第締め切らせて
いただきます。

申込先:IVI事務局(CIOF担当)office[at]iv-i.org
[at]を@に変更してください。

セミナー資料01_IVIご紹介

セミナー資料02_CIOF説明

お知らせ

IVIつながるものづくりアワード2019決定!

2018年度に活動した19の業務シナリオWGの中から「発展的かつ継続的なデータの収集と分析 ファシリテーター:CKD株式会社」が最優秀賞となりました。

〈IVIつながるものづくりアワード2019選考結果〉
【最優秀賞】
WG4A02
「発展的かつ継続的なデータの収集と分析」

実施企業:CKD(ファシリテーター)、 マイクロネット、日本電気、ナ・デックス、伊藤忠テクノソリューションズ、トヨタ車体、インテック、ジェイテクト

続きを読む “IVIつながるものづくりアワード2019決定!”

お知らせ

【資料公開中】4月11日スタートアップ・ウェルカムセミナーのお知らせ

いよいよIVIの2019年度の活動がスタートします。本年度の活動がより多くの会員の皆さまにとって有意義なものとなるよう、以下のようなセミナーを開催致します。ふるってご参加ください。

続きを読む “【資料公開中】4月11日スタートアップ・ウェルカムセミナーのお知らせ”

お知らせ

製造業ITマイスター指導者育成プログラム‐2019年度受講生募集のお知らせ【告知】

昨年度から実施している製造業ITマイスター指導者育成プログラムの
2019年度受講生を4月3日(水)13:00以降にITコーディネータ協会のページで募集を開始します。

詳細及び募集案内についてはITコーディネータ協会のページをご確認ください。

ITコーディネータ協会「製造業ITマイスター指導者育成プログラムページ」
続きを読む “製造業ITマイスター指導者育成プログラム‐2019年度受講生募集のお知らせ【告知】”

j-news

IVIニュースレターNo.26(2019/3/8)

 春3月、いよいよシンポジウムが近づいてきました。IVIへの期待も高く、多くの参加申し込みをいただいています。2日目の一部で申し込みを締め切ったセッションもありますが、それ以外はまだ空きはあります。1日目だけ、2日目だけの参加も可能です。
 今回はシンポジウムの見どころと最近のトピックスをお伝えします。

続きを読む “IVIニュースレターNo.26(2019/3/8)”

お知らせ

IVIが製造データ流通フレームワークを開発し公開

 IVIは、DMG森精機株式会社、株式会社日立製作所、ファナック株式会社、三菱電機株式会社とともに、製造データを管理する各社のプラットフォームを超えて、製造データが相互に流通することを可能とするフレームワークを開発しました。本事業は、日本政府が提唱する「ソサエティ5.0」および「コネクテッドインダストリーズ」を実現する取り組みである「製造プラットフォームオープン連携事業」として、産業データ共有促進事業費(平成29年度補正予算)補助金を経済産業省から受け実施ました。
続きを読む “IVIが製造データ流通フレームワークを開発し公開”

お知らせ

IVIと中国のAlliance of Industrial Internet(AII)がMoUに調印しました。

IVIは、2019年2月21日に北京市にて中国の産業向けIoT推進組織であるAlliance of Industrial Internet(以下AII)と産業向けIoT(インダストリアルIoT:IIoT)推進で連携する合意文書(MoU)に調印しました。
続きを読む “IVIと中国のAlliance of Industrial Internet(AII)がMoUに調印しました。”

j-news

IVIニュースレターNo.25(2019/2/7)

 IVI恒例 春のシンポジウムのお知らせです。年を追うごとに、多種多様な内容になっています。「つながるものづくり」に向けてみなさんと一緒に考える場です。満席が予想されますので、お早目に申込みをお願いします。

≪ 今年のIVIは? ≫

 2019年も既に2ヶ月目に入りました。シンポジウムを前に西岡理事長の今年の意気込みをどうぞ。(会員の方に届いている年始メール再掲です。)

-----
ようやく当初のブームが終わり、いよいよ第4次産業革命(と思わしき時代)が幕を開けました。技術の分からない多くの官僚と、官僚が好きになれない技術者を尻目に、スタートアップ企業と市民活動家が、デジタルの地平を限りなく広げはじめています。今のところ、そこから日本企業や日本人の関与は聞こえて来ませんが、ボーダーレス世界では、もはや国籍などはあまり重要ではないようです。 続きを読む “IVIニュースレターNo.25(2019/2/7)”

1 2 3 4 5 15