News

  • お知らせ

    IVIプラットフォーム2017のリスト発表

     

    IVIプラットフォーム委員会は、3月23日に2016年度のプラットフォーム事業への応募のあったプラットフォームの中から、以下の10のプラットフォームについて、IVIプラットフォーム2017として選定しました。

    これらのプラットフォームは、2018年3月まで、IVIプラットフォームのロゴが利用できるとともに、その機能や特徴、そしてIVIプラットフォームとしての評価がWebサイト上で閲覧することができるようになります。

    名称 提供企業
    次世代ものづくりソリューションMeister シリーズ (株)東芝  
    動的最適化生産CPS (株)レクサー・リサーチ
    ソフトバンク(株)
    中小企業向けものづくりプラットフォーム (株)アプストウェブ
    サイボウズ(株)
    ものづくりサービスプラットフォーム  富士通(株)
    (株)フロンティアワン
    ウィングアーク1st(株)
    製造管理システムFactoryConductor 日本ノーベル(株)
    mcframe IoTエンジニアリングプラットフォーム 東洋ビジネスエンジニアリング(株)
    ものづくりIoTスターターキット 日本電気(株)
    設備稼働管理プラットフォーム テービーテック(株)
    デジタルモノづくり基盤 (株)日立製作所
    (株)フロンティアワン
    MC-Web CONTROLLER    (株)シムトップス

     

  • お知らせ

    G20 カンファレンス “Digitising Manufacturing in the G20” でパネルディスカッション、ブース展示に参加

    3月16, 17日にベルリンでドイツ連邦経済エネルギー省が開催したカンファレンス “Digitising Manufacturing in the G20 – Initiatives, Best Practices and Policy Approaches” に、日本を代表するイニシアティブの一つとしてIVIが参加しました。本イベントは、2017年ドイツがホスト国となるG20のデジタル化担当相会合に先立ち、各国の専門家や政策立案者、イニシアティブが招待され、製造業のデジタル化に関する様々なトピックでの議論を通じて、課題や方向性を示す目的で開催されました。

    展示スペースにおいては、日本のロボット革命イニシアティブ協議会(RRI)とIVIを含む16のイニシアティブがブース展示を行いました。他の出展者としては、ドイツのPlattform Industrie 4.0やIndustrial Data Space、中国、英国、イタリア、スペイン、EUの団体などが参加していました。IVIのブースには100名を超える訪問者があり、多くの方から、沢山のユースケースが創出され、豊富な成果物が残されていることや、中小企業から大企業が協調可能なエコシステム形成の手法が高い評価を受けました。また、カイゼンの概念を取り込んだIVRAにも関心が寄せられました。

    展示と並行して行われた講演セッションのうち、「グローバルなバリューネットワークにおけるデータ主権」をテーマとするパネルディスカッションに西岡理事長がパネリストとして参加しました。Fraunhofer ISSTのBoris Otto教授が司会を務め、ドイツ、中国、メキシコ、日本の産学から集まった4人のパネリストとそれぞれの経験をもとにグローバルまたは地域的な観点から議論を行いました。データを共有することがIndustrie 4.0の前提となる一方で、データの所有権を確保するニーズが高まるという矛盾や、それを解決するための国際標準化に焦点が当てられました。

    (ブースにて)IVIからの参加スタッフ
    パネルディスカッションの様子

     

     

     

     

     

  • お知らせ

    IVI公開シンポジウム2017-Spring-:2日目の業務シナリオセッションの各概要資料をアップしました。

    IVI公開シンポジウム2017-Spring- の案内ページにて、2日目の業務シナリオセッションの各概要資料をアップしました。

    ※ページ下部のプログラム【2日目】各セッションに資料へのリンクを作成しています。

  • j-news

    IVIレターVol.12(2017/2/13)

    IVI公開シンポジウム2017 -Spring- (3910日開催)ご案内

     春の公開シンポジウムの参加受付を開始しました。IVI会員以外の方にも広くご参加いただけます。
    今回のシンポジウムはプログラムの大幅な追加を行い、2日間にわたって開催することとしました。

    1日目は経済産業省からの基調講演に加え、ドイツ事情、IICの動向、国際標準に関するパネルディスカッション、そして懇親会を企画しました。
     2日目は25の業務シナリオについての成果発表に加え、IVIプラットフォームの可能性、IVIものづくりネットワーク戦略~地域版中小企業のIoTの未来を占う~と題した企画セッションを実施します。

    拡張するIVIの今年度の活動全体を知る機会です。万障お繰り合わせの上、是非ご参加ください。
     なお、前回より会場は大きくしましたが、早々に満員になることが予想されます。先着順とさせていただきますので、お早目にお申込み下さい。

     日時:3月9日(木) 13:00~18:00 (12:15開場)
             10日(金) 10:00~17:45 ( 9:15開場)
     場所:ベルサール汐留2階  (東京都中央区銀座8-21-1)
          都営大江戸線「汐留駅」から徒歩5分
     参加費:無料 (9日18:30からの懇親会は会費制です)

    → プログラム・お申込み

     https://iv-i.org/wp/2017/02/07/ivi-symposium2017-spring/

    なお、プログラムは都合により変更になる可能性があります。 続きを読む “IVIレターVol.12(2017/2/13)”

  • お知らせ

    IVI公開シンポジウム2017-Spring- 開催(お申込は締め切りました。当日発表の各WG概要を公開中)

    日時:2017年3月9日~10日(木・金)
    場所:ベルサール汐留2階

    主催:一般社団法人インダストリアル・バリューチェーン・イニシアティブ

    協賛:ロボット革命イニシアティブ協議会、日刊工業新聞社モノづくり日本会議、日経ものづくり、日本機械学会生産システム部門、一社)日本電機工業会、MONOist、在日ドイツ商工会議所(申請予定)

    定員:1日目700名、2日目各300名

    参加費:無料(事前登録制・懇親会は 3,000 円になります。)

    場所:ベルサール汐留2階 (東京都中央区銀座8-21-1)
    アクセス:都営大江戸線「汐留駅」から徒歩で5分

     

    続きを読む “IVI公開シンポジウム2017-Spring- 開催(お申込は締め切りました。当日発表の各WG概要を公開中)”

  • j-news

    IVIレターVol.11(2017/1/18)

    IVIより 新年のごあいさつ

    2017年は“つながる工場”を世界に飛躍させる年にしたいと思います。

    昨年は、3月の公開シンポジウムでIVIとして初めて20の業務シナリオに関する成果報告を行い、6月には一般社団法人として組織体制を整えました。さらに、IVIの業務シナリオ手法を静岡など全国4ヶ所に展開し、実証実験を支えるIVIプラットフォームへの取り組みも開始しました。これらの活動を踏まえた上で、今年の3月には2年目の活動成果としての“つながる工場”を実現する25の業務シナリオの発表を行います。今年も更に盛り上げるべく、会員の皆様、IVIを支援して頂いている関係者の皆様とともにこの活動に継続して取り組んでいきたいと思います。

    これまでの取り組みは、欧米の取り組みに追いつくことが目的でした。しかし、日本の製造業が発展成長するためには、10年先、20年先を見据えて目線を日本から世界へ広く高くひろげる必要があります。欧米主導に従うのではなく、ドイツや米国に肩を並べて製造業の未来を切り拓く役割と責任を担う必要があります。こうした考えから昨年は海外の活動にも注力し、4月のハノーバーメッセや、5月のマニラ「Asia IoT Business Platform 7th」、10月の バルセロナ「IOT Solution World Congress」でIVIの活動を講演し、これが高く評価されました。

    一方、「標準化」に関しては、昨年12月にスマートマニュファクチャリングのリファレンス・アーキテクチャー“IVRA(Industrial Value Chain Reference Architecture) Ver. 1”を独自に構築してこれを公開しました(リンク)。欧米主導で議論が進んでいる国際標準検討に、我々も参画して未来志向で製造業発展の一翼を担う存在を目指したいと考えています。IVIに参画するメンバーと関係者の思いをこの“IVRA”に込めて、日本から世界へ、未来志向で製造業に対する期待と思いを積極的に発信し、3年目を迎える今年、IVIの活動をさらに飛躍させていきましょう! 続きを読む “IVIレターVol.11(2017/1/18)”

  • お知らせ

    IVI公開シンポジウム2017 – Spring -開催予告(3月9,10日)

    インダストリアル・バリューチェーン・イニシアチブ(IVI)では、ものづくりのデジタル化がますます進むこれからの時代におけるグローバルなイニシアチブをとるべく、IVIのキーコンセプトである「ゆるやかな標準」を活用した「つながる工場」を実現すべく活動を進めています。今年度も活動成果を報告する場としてIVIシンポジウム2017-Spring-の開催を予定しております。

    ■日時 2017年3月9日(木) 午後、10日(金)午前、午後

    ■場所 ベルサール汐留(東京都中央区銀座8丁目21-1)

    今年度は現場起点の25の業務シナリオにそって、ワーキンググループが企業を超えて活動しています。IVIシンポジウム2017-Spring-では、実証実験結果などこれまでの活動成果を報告します。

    さらに、これからIVIが目指す未来について、より多くの皆様と情報を共有し、活動の和を広げていくことを目的としています。

    1月12日には、IVI会員向けに中間報告会が開催されました。昨年の活動に比べて、さらにパワーアップ、グレードアップしており、成果もより具体的になっています。皆さまにご報告できることを楽しみにしています。

    1月12日 IVI会員向け中間報告会

  • お知らせ

    2017年度IVI地域セミナー全国10拠点の実施機関を公募します。

     

    2017年度IVI実践セミナー実施機関公募のご案内

    一般社団法人インダストリアル・バリューチェーン・イニシアティブ(IVI)では、IoTを活用したボトムアップなデジタル化を推進し、中小製造業のスマートものづくりを実現するために、経済産業省とも連携し、IVI実践セミナーの2017年度実施機関を公募いたします。

    IVI実践セミナーは、2016年度全国4つの地域で実施し、合計71社83名の中小企業のキーパーソンが参加し、多くの成果がではじめました。2017年度は、対象を全国10地域とし、各地域の支援機関、支援団体の皆様とともに、さらに内容を充実させた実践セミナーとその後のフォローアップにより、200社以上の中小製造業のデジタル化、ネットワーク化を支援します。

    第4次産業革命が進行するなかで、日頃より地域に根差した中小製造業を支援している支援機関および団体が、具体的でかつ着実な効果が見込める施策を実施するにあたり、インダストリアル・バリューチェーン・イニシアティブは、これまでの地域セミナーの運営ノウハウをもとに、共催団体としてその実施をお手伝いいたします。

    ダウンロード→公募のご案内

    ダウンロード→応募用紙

    ■応募期間 : 【一次】2017年1月10日から1月31日
    【二次】2月20日から3月10日
    ■結果通知 : 【一次】2月10日(金)
    【二次】3月17日(金)
    ■説明会: 1月19日(木)13:00~15:00 
    法政大学新見附校舎9階創造空間スタジオ
    「多数の参加ありがとございました。配布資料はこちらです。」

     

  • j-news

    IVIレターVol.10(2016/12/27)

    IVIシンポジウム2016-Autumn-1013日)振り返り

     23の業務シナリオWGをはじめとして、約半年間の活動の成果として、実証実験や活動の報告の場として「IVI公開シンポジウム2016-Autumn-」を10月13日(木)にTKP市ヶ谷カンファレンスセンターで開催しました。延べ830名に来場いただき、懇親会も含めて大盛況でした。 続きを読む “IVIレターVol.10(2016/12/27)”

1 6 7 8 9 10 11 12 13 14 17