News

  • e-news

    IVI Letter Vol.2(English)(2016/02/24)


    Topics from activities of business scenario working groups

    In this newsletter, WG105 “Equipment Life Cycle Management” is introduced. Mr Yoshihiko Watanabe of Yazaki Parts Co., the facilitator of this group, was interviewed.
    IMG_5363

    Mr Yoshihiko Watanabe

    ■About the aim of the working group and expected outcome

    Working Group (WG) 105 is headed by Yazaki Parts Co., which manufactures various auto components such as wiring harnesses and connectors.  The subject of WG105 discussions is also one of the most important issues for the manufacturing industry.  WG105 is now making efforts to promote the “equipment life cycle management,” which will help establish the optimal way to control all production phases from the introduction of facilities to their disposal (the introduction phase, growth phase, maturity phase, decline phase and disposal), so that manufacturers can improve the total cost performance throughout their products’ life.

    Under the current situation, “operators” that use the equipment, “process designers” that design production processes using the facilities, “equipment manufacturers” and “facility maintenance firms” are working separately from each other.  Because of that, the facilities occasionally break down earlier than their expected life span.  Even regarding anticipated problems, if information is not properly shared, the equipment sometimes has to be suspended due to those issues.  Problems could also occur in association with design specifications for production processes and in relation to uses that are not expected by equipment manufacturers.  By sharing unorganized information and promoting the “equipment life cycle management” to control the entire product flow, companies will become able to monitor the facility life span in real time.

    ■Reference model and to-be with leveraging IoT

    Manufacturers can control the following three activities if deploying general administrators to “manage the equipment life cycle.”

    • Gather and manage information on the equipment life cycle
    • Analyze and estimate the equipment life cycle
    • Make proposals on the equipment life span

    “Data on the life span of facilities is traditionally closed and fragmented” in each company (BEFORE IMPROVEMENT).  But if connecting and sharing information that facility “operators,” “process designers,” “equipment manufacturers” and “facility maintenance firms” separately have (AFTER IMPROVEMENT), “the information on the equipment life span will be combined in and outside the companies and the equipment life cycle will become able to be managed in an integrated manner.”

    ■Challenges and topics of activities

    We conduct verification tests by analyzing data gathered on all the equipment.  We need to collect and analyze various long-term information ranging from operation data for equipment to information about the degradation of consumables, the vibrations and the external appearance of facilities (such as stains).  And it is impossible to gather a sufficient amount of data in a limited period of time.  One of the difficulties that we are facing in conducting verification tests is how to compensate for the lack of information.  In addition to those efforts, as part of the working group activity, we are also considering “visualization” methods and means to show the results of data analysis in a way that everyone can understand the findings easily.

    ■Further activities (and PoC) and requests for support

    As for future plans, we are also to conduct verification tests at plants that will be subject to improvement so that we can assess the equipment life span.  At least during this fiscal year ending in March 2016 (fiscal 2015), we have to carry out investigations under limited conditions based on data gathered in a limited period of time.  The more data for verification tests we have, the more accurately we can evaluate the equipment life span.  So we are now engaged in a wide range of efforts so that companies that have such information (or firms that can gather those data) will join and support our activities.

    If the equipment life cycle can be monitored in real time, the following three advantages can be obtained: “the life of facilities can be prolonged”; “the life span of production processes can be assessed”; and “equipment costs compared with the life of facilities can be estimated.”  Those advantages would significantly help reduce the downtime to zero and slash product costs arising from equipment-related matters.

    NewsVol2-4

    IMG_5361

    IVI discussion

    Interviewer: Keiichiro Nabeno


    Selection of products and services to support infrastructure facilities

    The IVI has Selected wide range of products and services in the following four categories so that we can conduct verification tests without relying on the platforms.  The four categories are as follows: the Internet of Things (IoT); tools used on production sites (to retrieve data); communications services (to transmit data); cloud management (to relay data); and data conversion tools (to convert data).

    Twenty-six products and services have been selected from among more than 40 applications we received.

    The adopted products and services will be used for verification tests of the working groups and on other occasions.

    (1)the Internet of Things (IoT) tools used on production sites (to retrieve data)

    No. Product, service Providing company
    1 The smart camera SC+A ICT I-Cube Technology co.,ltd.
    2 Wireless Data Acquisition System WD PATLITE
    3  DataHub(iBRESS) Puerto Co., Ltd.
    4 RT-TraceableController Micronet Company
    5  GLOVIA smart MES PATCHART  FUJITSU ADVANCED ENGINEERING LIMITED
    6  ExcelMonitor Puerto Co., Ltd.
    7  Marimba M3 / ESP Dragon FIM/Wireless current sensor CiMX Co. Ltd./Avenir, Inc./Tokyo Electric Power Company, Inc.
    8
    9  Facteye Computer Engineering & Consulting, Ltd.
    10  TOYOPUC-Plus,TOYOPUC-AAA JTEKT CORPORATION

    (2)communications services (to transmit data)

    No Product, service Providing company
    1  SpreadRouter NST GLOBALISTINC
    2
    3 DeviceXPlorer OPC Server
    DeviceXPlorer Data Logger
    TAKEBISHI CORPORATION

    (3)cloud management (to relay data)

    No Product, service Providing company
    1  GLOVIA smart MES APS  FUJITSU ADVANCED ENGINEERING LIMITED
    2 Logistics Visualization System Toshiba Logistics Corporation
    3  IFS for MES NEC Corporation
    4  NEC Cloud IaaS for Industrial IoT NEC Corporation
    5  kintone Cybozu, Inc.

    (4)data conversion tools (to convert data)

    No Product, service Providing company
    1
    2  Eco Chang GLOBALWISE CO.,LTD
    3  GLOVIA ENTERPRISE MES  FUJITSU ADVANCED ENGINEERING LIMITED
    4  Contexer ApstoWeb Ltd.
    5  MCFrame PLM / EM-Bridge Toyo Business Engineering Corporation. (B-EN-G)
    6 DataSpider Servista APPRESSO K.K
    7 PLM Solution “Obbligato for SaaS” NEC Corporation
    8  FTCP Remote Desktop Fujitsu Limited

    The IVI public symposium 2016 – Spring -Open the future of Japan’s manufacturing industry

    It is important to us to report on the findings of verification tests and the activities of our 20 business scenario working groups, as well as other efforts that we made over the six or so months.  For that purpose,

    “The IVI public symposium 2016 – Spring - Open the future of Japan’s manufacturing industry”

    will be held on March 10th at the TORANOMON HILLS(Tokyo).

    It is an open event – also non-IVI members are welcome to attend the symposium.

    We recommend you do not miss this great opportunity.  We look forward to seeing you at the symposium!  And if you can’t come, you still can find some information on this website after the event.


    Robot revolution International Symposium in Tokyo

    IVI President Yasuyuki Nishioka participated in a panel discussion in at the Robot revolution International Symposium held by the Robot Revolution Initiative in Japan on Feb 15.

    International Symposium held by the Robot Revolution Initiative in Japan on Feb 15.

    He was moderator of the panel discussion about“Collaboration for Manufacturing Business Reformation by IoT”. At the panel discussion, Mr Kiyoshi Mizukami, Robot Revolution Initiative C0-Chief, Mr Masayuki Yamamoto, Robot Revolution Initiative C0-Chief, Mr Kazunori Iwasa, Member of Industrial Internet Consortium, Mr. Jeff G Fedders, Director Industrial Internet Consortium, Mr. Henning Banthien, Secretary General Plattform Industrie 4.0, and Mr. Heinrich Munz, Deputy Chairman of the Working Group 1 of the Plattform Industrie 4.0.

    It was expressed that they would be able to work together in the field of IoT manufacturing industry   looking to the future.

    IMG_20160215_153915

    Mr Kiyoshi Mizukami (The Robot revolution Initiative C0-Chief, Hitachi, Ltd.),Prof Nishioka (IVI), Mr. Jeff G Fedders(Director of Industrial Internet Consortium),Mr. Henning Banthien(Secretary General Plattform Industrie 4.0),Mr Kazunori Iwasa(Member of Industrial Internet Consortium,Fujitsu Limited), Mr. Heinrich Munz(Lead Architect Industry 4.0, KUKA),Mr Masayuki Yamamoto(The Robot revolution Initiative C0-Chief , Mitsubishi Electric Corporation)

    Hatsuko Kouroku

     


    From the Editors

    From now, on, we will publish this IVI newsletter regularily also in English, in response to an increasing interest of an international audience.

    We hope to serve your interest with this newsletter.

    【IVI Publication Committee】
    IVI Newsletter Editor’s Group
    http://www.iv-i.org/en/

  • j-news

    IVIレターVol.1(2016/1/6)

     新年のごあいさつ

    新年あけましておめでとうございます。2016年は“つながる工場”元年です。IVIが昨年6月にスタートしたとき、ドイツのインダストリー4.0や米国を中心としたIICなどが、いたるところでとりあげられ、大きな話題になっていました。こうした流れは、今年も続くと思われますが、昨年との大きな違いは、やるべきことが見えてきたという点ではないでしょうか。変えるべきことと、変えてはならないことも分かってきたように思います。

    つながらなければビジネスそのものが成り立たなくなる時代を前に、まずは大胆にオープン化に舵をきること。そしてその際に、自社の強みを守り育てるために、隠すべきところはしっかりと隠すこと。そして、その境界をみずからデザインするために必須となる“ゆるやかな標準”への取り組みを進めること。これまでも強かった現場が、さらにIoTによって得られたデータ活用を進め、考える現場がさらにソフトウェア力をつけることで、自律分散的でかつ同時に全体最適を志向しながら成長していくのです。どうせならIVIで最強のものづくりを目指しませんか!

    西岡靖之(IVI理事長) 続きを読む “IVIレターVol.1(2016/1/6)”

  • 解説「IoTの可能性と課題」

    解説「IoTの可能性と課題」5

    さらに、こうした流れと並行して、国内においては2つの取り組みを提案したい。第1に、イノベーションの担い手である中小製造業、ベンチャー企業が、つながる仕組みを利用して、大手企業と対等に取引できる体制を構築するとともに、海外企業や海外の消費者とも直接つながるためのビジネスインフラを整備することである。国を越えたビジネス展開では、リスクやコストの問題から、中小企業はその舞台に立てずにいたが、IoTはそうした制約を一気になくせるはずである。

    第2に、地方経済の活性化のために、デザインを含むものづくりの拠点の地方展開を図ることである。IoT時代では、時間と場所を超えて、関係する設計者、デザイナー、生産技術者が世界とつながることになる。こうした流れを魅力的な街づくりとセットにすることで、知的労働者が地域に愛着を感じて、ワークライフバランス(仕事と生活の調和)の観点からそこに移り住むよう働きかける。大学などの高度な研究機関とも連携し、一つの産業集積が形成されることで、個性あふれる地方の時代が到来するはずだ。

    出典:西岡靖之,日本経済新聞2015年7月10日(朝刊)「経済教室」

  • 解説「IoTの可能性と課題」

    解説「IoTの可能性と課題」4

    ただ、現時点では課題も多い。その筆頭が標準化の問題である。「モノとモノ」、「コトとコト」がつながるためには、企業を超えた共通のルールや決め事が必要となり、それぞれに関する標準化が要求される。日本の多くの製造業は、これまで蓄積してきた膨大な技術やノウハウが社外流出することによる競争力喪失を懸念して、標準化やつながる仕組みにはおおむね閉鎖的であった。セキュリティーに関する課題も、多くが解決されずに残されている。IoT時代へ向けた世界的な変革の流れの中で、国内でも、産学が連携する形で、企業を超えてものづくりが相互につながるための仕組みを構築する動きが現れた。6月に発足した「インダストリアル・バリューチェーン・イニシアチブ(IVI)」である。

    「ゆるやかな標準」というコンセプトのもとで、競争領域と協調領域の境界を、企業の垣根を越えて再定義する。協調領域においては大胆にオープン化し、相互に連携するためのリファレンス(参照)モデルを構築する。トヨタ自動車、日産自動車、三菱重工業、川崎重工業、IHI、パナソニック、日立製作所、三菱電機、富士通、NECなどが、日本発のつながる工場の仕組みをつくり、広く海外にも参加を呼び掛けていく。

    日本的なものづくりの文化では、モノをつくるという「コト」を、単なる役務としてではなく、創意工夫の場として、あるいは自己研さんの場として、位置付けている部分がある。個人の能力を引き出し、成長の場を提供するという意味でのものづくりは、おそらく欧米にはない発想である。こうした人中心のものづくりが、IoT時代にも受け継がれ、グローバルに展開していくことを期待したい。

  • 解説「IoTの可能性と課題」

    解説「IoTの可能性と課題」3

    IoTは「モノ」のインターネットと訳されるが、正確には「Things」、つまり「コト」のインターネットである。身の回りのあらゆる「コト」が必要に応じてデータ化され、グローバルに識別可能なタグが付けられ、それがネットにより時間と場所を超えて相互につながる。これまで価値があったにもかかわらず経済的な取引が可能でなかった「コト」が次々に、ビジネスモデルの対象として躍り出てくるだろう。革命的な流れになるのは間違いない。

    ドイツ政府は、ものづくりを産業競争力の基軸に据えた戦略で、新たな産業革命をリードしようとしている。産業構造が比較的日本に近いドイツは、製造業のあるべき姿を、国を挙げて議論し、行動に出た。注目すべきは、ドイツは稼ぐ力として、従来のようにモノを売ろうとしているのではなく、モノをつくる仕組み、つまり生産システムを売ろうとしているという点だ。モノである生産設備は売ったら終わりだが、生産システムとしてソフトウエアや運用管理のノウハウなどをセットで販売した場合は、その工場がものづくりを続ける限り、サービスとしての収益が得られる。

    ものづくりと情報通信技術(ICT)の融合による新たなサービス化の流れは、2014年に入ってさらに加速した。米国ではゼネラル・エレクトリック(GE)など大手5社が中心となって、インダストリアル・インターネット・コンソーシアム(IIC)を立ち上げた。エジソン以来100年以上の歴史をもつGEは、さらに100年後の未来を見据え、サービス産業に向けて大胆にかじを切った。

    ドイツや米国のこうした流れが、これまでのサービス産業と異なるのは、製品という「モノ」を起点としたサービスという点である。そのサービスの構成要素として必須となる製品機能をブラックボックス化することで参入障壁を高め、かつIoTのプラットフォームを使い劇的に生産性を高めることが可能となる。


    モノとコトの関係モデル

    図 企業内、企業間の連携モデル

  • 解説「IoTの可能性と課題」

    解説「IoTの可能性と課題」2

    IoTとは、身の回りのあらゆるモノが、インターネットにつながっている状態を指す。ネット上でモノを識別するためのアドレスが事実上無限に用意され、さらにはデジタル技術の進歩とデバイス価格の低下により、そうした状態に移行する準備が整いつつある。ネット上に広がるデジタルな世界と、人々が生活する現実の世界を一体化させることで、今まで想像もできなかった世界がやってくる。ドイツ政府が、国の政策として進める「インダストリー4.0」は、第4次産業革命という刺激的なネーミングもあり、多くの関心を集めている。ただし、自動化技術やネットワーク技術で今よりも多様なものづくりを、さらに効率よくできるということは理解できても、あくまでそれは、現在と比較した段階的なものである。それは本当に革命的なことといってよいのか。

    本質を見誤らないためのキーワードは「サービス」である。ここでは、経済的に取引可能な「コト」をサービスと呼ぶことにする。わが国の国内総生産(GDP)の7割を占めるサービス業は、文字通りこのサービスを取り扱う。近年は、製造業がサービス業化を志向しているといわれ、「モノ」を販売していた製造業が「コト」を販売し始めた。背景には、物理的なモノの取引の拡大だけでは、もはや企業の成長を支えることができないという現実がある。

    一般的にサービスの生産性が相対的に低いのは、その同時性と不可分性による。つまり、サービスを提供する人と受ける人は原則として、同じ時に、同じ場所にいる必要がある。サービスを大量生産し、それを在庫しておき、必要な時に必要な場所に運ぶことはできなかった。IoTがもたらす世界が驚異的なのは、そうしたサービスの基本的な制約を、一気に破壊する可能性を持つからである。

1 9 10 11 12 13 14 15 16