News

j-news

IVIレターVol.13(2017/4/20)

 新年度を迎え、新しいIVIの活動が始まりました。
 これまで着実に「つながる工場」に向けて活動してきました。今、さらにその先に進もうとしています。皆さまの知恵を結集してさらに実りある成果を生み出すために、今年度もIVIに積極的にご参加ください。新しく加わるメンバーもそれぞれのWGで募集していますので、是非前向きなご検討をよろしくお願いします。
 IVIが提供するさまざまな「場」でお待ちしています。 続きを読む “IVIレターVol.13(2017/4/20)”

イベント

IVI公開シンポジウム 2017 -Spring-(終了しました。)

日時:2017年3月9日~10日(木・金)
場所:ベルサール汐留2階

主催:一般社団法人インダストリアル・バリューチェーン・イニシアティブ

協賛:ロボット革命イニシアティブ協議会、日刊工業新聞社モノづくり日本会議、日経ものづくり、日本機械学会生産システム部門、一社)日本電機工業会、MONOist、在日ドイツ商工会議所(申請予定)

定員:1日目700名、2日目各300名

参加費:無料

場所:ベルサール汐留2階 (東京都中央区銀座8-21-1) 続きを読む “IVI公開シンポジウム 2017 -Spring-(終了しました。)”

お知らせ

ハノーバーメッセでの講演(4月24日)

西岡理事長は2017年4月28日~28日にドイツ ハノーバーで開催されるハノーバーメッセ2017の中で講演を行います。

■講演について

4月24日 14:30~15:00 Stand D19  ホール8
“Industrial Value Chain Reference Architecture”

ハノーバーメッセに参加される方はぜひ西岡理事長の講演も聴講ください。講演はオープンスペースで行われるため事前予約は必要ありません。
また、講演終了後に記念撮影を予定していますので、IVI会員の方はホール8にお越しください。

→ 詳細を見る

お知らせ

2017年度 IVI活動スタート

4月13日(木)、IVIは2017年度の活動をスタートしました。

IVIの活動も3年目を迎え、活動の幅を広げ、いろいろな形でご参加をいただけるようになります。

従来からの業務シナリオ(ユースケース)WGも東京でのWG活動だけでなく名古屋でのWG活動も試行していきます。さらに、2022年のものづくりを考える「未来プロジェクト」、ものづくりを中心にサービス業、農業、観光などの他業種ともつながる「クロスインダストリ」、など活動の幅も広げていきます。

業務シナリオWGの活動は5月11日(木)からグループづくりの準備を始めて7月から新しいWGでの活動が始まります。IVIの参加をご検討中の方はぜひこの時期に会員登録をお願いします。

会員登録について

IVIについてのお問い合わせ

4月13日 IVI会合の様子

 

お知らせ

IVIプラットフォーム2017のリスト発表

 

IVIプラットフォーム委員会は、3月23日に2016年度のプラットフォーム事業への応募のあったプラットフォームの中から、以下の10のプラットフォームについて、IVIプラットフォーム2017として選定しました。

これらのプラットフォームは、2018年3月まで、IVIプラットフォームのロゴが利用できるとともに、その機能や特徴、そしてIVIプラットフォームとしての評価がWebサイト上で閲覧することができるようになります。

名称 提供企業
次世代ものづくりソリューションMeister シリーズ (株)東芝  
動的最適化生産CPS (株)レクサー・リサーチ
ソフトバンク(株)
中小企業向けものづくりプラットフォーム (株)アプストウェブ
サイボウズ(株)
ものづくりサービスプラットフォーム  富士通(株)
(株)フロンティアワン
ウィングアーク1st(株)
製造管理システムFactoryConductor 日本ノーベル(株)
mcframe IoTエンジニアリングプラットフォーム 東洋ビジネスエンジニアリング(株)
ものづくりIoTスターターキット 日本電気(株)
設備稼働管理プラットフォーム テービーテック(株)
デジタルモノづくり基盤 (株)日立製作所
(株)フロンティアワン
MC-Web CONTROLLER    (株)シムトップス

 

お知らせ

G20 カンファレンス “Digitising Manufacturing in the G20” でパネルディスカッション、ブース展示に参加

3月16, 17日にベルリンでドイツ連邦経済エネルギー省が開催したカンファレンス “Digitising Manufacturing in the G20 – Initiatives, Best Practices and Policy Approaches” に、日本を代表するイニシアティブの一つとしてIVIが参加しました。本イベントは、2017年ドイツがホスト国となるG20のデジタル化担当相会合に先立ち、各国の専門家や政策立案者、イニシアティブが招待され、製造業のデジタル化に関する様々なトピックでの議論を通じて、課題や方向性を示す目的で開催されました。

展示スペースにおいては、日本のロボット革命イニシアティブ協議会(RRI)とIVIを含む16のイニシアティブがブース展示を行いました。他の出展者としては、ドイツのPlattform Industrie 4.0やIndustrial Data Space、中国、英国、イタリア、スペイン、EUの団体などが参加していました。IVIのブースには100名を超える訪問者があり、多くの方から、沢山のユースケースが創出され、豊富な成果物が残されていることや、中小企業から大企業が協調可能なエコシステム形成の手法が高い評価を受けました。また、カイゼンの概念を取り込んだIVRAにも関心が寄せられました。

展示と並行して行われた講演セッションのうち、「グローバルなバリューネットワークにおけるデータ主権」をテーマとするパネルディスカッションに西岡理事長がパネリストとして参加しました。Fraunhofer ISSTのBoris Otto教授が司会を務め、ドイツ、中国、メキシコ、日本の産学から集まった4人のパネリストとそれぞれの経験をもとにグローバルまたは地域的な観点から議論を行いました。データを共有することがIndustrie 4.0の前提となる一方で、データの所有権を確保するニーズが高まるという矛盾や、それを解決するための国際標準化に焦点が当てられました。

(ブースにて)IVIからの参加スタッフ
パネルディスカッションの様子

 

 

 

 

 

お知らせ

IVI公開シンポジウム2017-Spring-:2日目の業務シナリオセッションの各概要資料をアップしました。

IVI公開シンポジウム2017-Spring- の案内ページにて、2日目の業務シナリオセッションの各概要資料をアップしました。

※ページ下部のプログラム【2日目】各セッションに資料へのリンクを作成しています。

j-news

IVIレターVol.12(2017/2/13)

IVI公開シンポジウム2017 -Spring- (3910日開催)ご案内

 春の公開シンポジウムの参加受付を開始しました。IVI会員以外の方にも広くご参加いただけます。
今回のシンポジウムはプログラムの大幅な追加を行い、2日間にわたって開催することとしました。

1日目は経済産業省からの基調講演に加え、ドイツ事情、IICの動向、国際標準に関するパネルディスカッション、そして懇親会を企画しました。
 2日目は25の業務シナリオについての成果発表に加え、IVIプラットフォームの可能性、IVIものづくりネットワーク戦略~地域版中小企業のIoTの未来を占う~と題した企画セッションを実施します。

拡張するIVIの今年度の活動全体を知る機会です。万障お繰り合わせの上、是非ご参加ください。
 なお、前回より会場は大きくしましたが、早々に満員になることが予想されます。先着順とさせていただきますので、お早目にお申込み下さい。

 日時:3月9日(木) 13:00~18:00 (12:15開場)
         10日(金) 10:00~17:45 ( 9:15開場)
 場所:ベルサール汐留2階  (東京都中央区銀座8-21-1)
      都営大江戸線「汐留駅」から徒歩5分
 参加費:無料 (9日18:30からの懇親会は会費制です)

→ プログラム・お申込み

 https://iv-i.org/wp/2017/02/07/ivi-symposium2017-spring/

なお、プログラムは都合により変更になる可能性があります。 続きを読む “IVIレターVol.12(2017/2/13)”

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 13