News

  • j-news

    IVIレターNo.19(2018/2/13)

    さて、いよいよ春の公開シンポジウムのご案内です。
     年々参加者数が増え、今年も中身の詰まった2日間の「場」をご提供します。日本の製造業の「力」を実感いただき、来るべき10年後に向けた展望をみなさんと考えていきたいと思います。
     是非ふるってご参加ください。

    続きを読む “IVIレターNo.19(2018/2/13)”

  • j-news

    IVIレターNo.18(2018/1/18)

    2018年となりました。
     IVIは3年目を迎えます。これまで多くの方々が集まる「場」の力で、さまざまな議論をし、実績を重ねてきました。今年もさらにたくさんの「つながり」で日本の製造業を元気にするために活動を続けていきます。ぜひご注目
    ください。
     今年もIVIをよろしくお願いします。

    続きを読む “IVIレターNo.18(2018/1/18)”

  • お知らせ

    IVRA-Nextパブリックコメント募集開始

    すでに国際的にも認知されたIVRAの実現戦略として、IVRA-Nextのドラフトが完成しました。IVIメンバーに限らず、多くの関係者の皆様からのコメントを募集いたします(形式任意)。いただきましたコメントを反映させた形で、最終版を年内にリリースいたします。よろしくお願いいたします。

    日本語版ドラフト

    英語版ドラフト

     

  • お知らせ

    IVIプラットフォーム&コンポーネント募集案内

    IVIプラットフォーム2018の募集がスタートします。本年度は、プラットフォームとあわせて、IVIコンポーネントの募集も行います。

    募集案内

    概要説明

    規約(案)

    • 申込書(プラットフォーマー用)PDF版, Word版
    • 申込書(プラットフォーマー用別紙)PDF版, Word版
    • 申込書(コンポーネント提供企業用)PDF版, Word版

    … 昨年のプラットフォーム(IVIプラットフォーム2017)はこちら

    IVIプラットフォーム&コンポーネント事業説明会(終了しました。)

    日時:2017年10月19日(木)14:00~17:00

    場所:機械振興会館6-67会議室

    説明会資料

     

  • お知らせ

    イタリア企業経営者のIndustry 4.0訪日視察団に向けて講演

     

    2017年10月11日、訪日したイタリアの製造業企業の経営者から成るIndustry 4.0視察団に向けて、IVI西岡理事長が講演を行いました。一連の訪日視察プログラムは、フィアット・クライスラー・オートモービル(FCA)コンサルティング社とMaema社、日本生産性本部が運営し、FCAグループを中心とした企業から12名が参加しました。IVIのプラットフォームの参加するエコシステムのアプローチや、IVRA、WGの活動について講演を行った後、IVRAの実装への適用といった技術的な内容から政策との関係といったことまで、幅広い質問やコメントが寄せられ、熱い意見交換が行われました。

    講演後のディスカッションの様子
    イタリア視察団と西岡理事長

  • お知らせ

    英国大使館で開催の “UK-JAPAN WORKSHOP ON MANUFACTURING AND INNOVATION POLICY” で講演

     

    2017年9月21日、駐日英国大使館とケンブリッジ大学Centre for Science, Technology & Innovation Policy (CSTI) Policy Linksユニットが開催した日英製造業・イノベーション政策ワークショップ “Tackling advanced manufacturing innovation challenges and informing industrial strategy” にIVI西岡理事長が参加し、IVIの活動、とりわけ中小企業における活動について講演を行いました。本ワークショップは、英国のビジネス・エネルギー・産業戦略省を中心とした視察団が日本における製造業のデジタル化、IoT化に関する取り組みや政策について学び、また日英の協力関係構築に向けた議論を行うために訪日したのに際し、政策関係者、有識者間で情報交換を図る目的で開催されました。

    西岡理事長は、IVIの業務シナリオWGの活動や、その手法が適用されている地域の小企業に向けたセミナー、そこで紹介されている10万円IoTキットなどついて説明しました。参加者からは、地域セミナーの参加企業・地域に対するインパクト、活動資金、活動内での企業のデータの扱いにおけるポリシーといった実務的な質問を含め、多くの質問・コメントが寄せられました。

    また、同視察団はIVI理事の仲介により日立オープンラボ横浜オープンオートメーションラボを訪問し、オートメーションに関する先進的な共創の事例について説明を受け、先端技術の見学を行いました。

    ケンブリッジ大学Policy Linksのウェブサイトに掲載された記事

    日立オープンラボ横浜を訪問した英国視察団
  • j-news

    IVIレターNo.17(2017/10/2)

     

     秋の公開シンポジウムへの申込みはお済みでしょうか?
     名古屋で、しかも有料ということで踏みとどまっている方に特にお知らせするニュースレターです。
     参加者には、IVIが新たに発行する書籍「IVIによるつながるものづくり」を配布することになりました。
     ものづくりIoTへの関心が高まる中で、さまざまな観点で「気づき」を持っていただける場となります。
     ご都合のつく限り、是非ふるってご参加ください。 


     ≪ 公開シンポジウム2017 -Autumn- 見どころ聞きどころ ≫

      恒例となったIVI公開シンポジウムは春と秋に開催しています。
     今年度はIVIの活動を大きく増やしたため、今回は1年前より大きくかつ先進的になったさまざまな活動報告の場となります。

    特に、
     1)今年度の業務シナリオWGの全体像を紹介
     2)未来プロジェクトの4つのイノベーションを紹介
     3)「10万円IoTキット正式リリース」
    そして何よりも、
     トヨタ自動車顧問・技監 佐々木眞一様の基調講演
    という濃い内容です。

    プログラム詳細はこちらへ
    → https://iv-i.org/wp/2017/09/11/symposium171012/


    ≪ 公開シンポジウム2017 -Autumn- 日時・場所 ≫

     日時:2017年10月12日(木) 13:00~17:35
      + ネットワーキング 18:00~19:30

    場所:名古屋国際ホテル 2階 (地下鉄 栄 駅から徒歩2分)
     http://nagoyakokusai.com/access/

    参加費:10,000円(テキスト代、ネットワーキング含む)

    お申込み
    → https://www.nikkansc.co.jp/secure/iv-i/sympo/20171012/entry/prg/form.cgi


    ≪ 公開シンポジウム2017 -Autumn- 参加者特典 ≫

      IVIのこれまでの経験のなかで、シナリオ構築からIoT実装にいたる手順を手法としてまとめた書籍「IVIによるつながるものづくり(定価8,000円)」をシンポジウムにて出版公開し、当日参加者特典として無料配布いたします。

     

    ◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    編集部から
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     IVI Newsレター 第17号では、秋の公開シンポジウムのご案内に、新刊書籍配布のニュースを加えてお伝えしました。初の名古屋開催となりますが、順調に申込みをいただいています。まだ空きはありますので、改めてお知ら
    せすることとしました。多くの皆様にとっての「つながる工場」実現の「場」としてIVIをご活用ください。

     これからも皆様に役立つ情報をお届けしていきますので、今後ともご愛顧よろしくお願いします。

    → 本メールの配信停止
      http://iv-i.org/newsletter/index-ja.html
    → IVIへのお問い合わせ、本メールへのご意見・ご感想
      http://iv-i.org/contacts.html

    【IVIパブリシティ委員会】IVI Newsレター編集スタッフ
    委員長 鍋野 敬一郎
    副委員長 沖 聖子
    委員 川野 俊充、Axel H. Saleck、守田 咲絵、木村 和生
    Copyright 2017 インダストリアル・バリューチェーン・イニシアティブ
     掲載記事の無断転載を禁じます。文中の商標等は各社に属します。
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  • お知らせ

    バーデン=ヴュルテンベルク州使節団と合同ワークショップ開催

     

    2017年9月4日、東京に来訪したドイツのバーデン=ヴュルテンベルク州(BW州)使節団6名とIVIメンバー11名の間でワークショップが開かれ、相互の活動紹介と協力関係構築に向けた議論が行われました。

    使節団の訪日プログラムはAllianz Industrie 4.0 Baden-Wuerttemberg*1Baden-Wuerttemberg International (bw-i)*2によって運営され、同州の企業であるSAPやEVO Informationssystemeからの代表者が参加しました。ワークショップの開会に当たってはbw-iのCEO Schmidt-Eisenlohr氏、Allianz I4.0のMüller氏、IVI西岡理事長の3名がスピーチを行いました。続くプログラムでは、Allianz I4.0のZanker氏、Müller氏、西岡理事長が、両団体の活動の手法や連携が可能と思われる活動内容について講演しました。また、EVO Informationssystemeの CEO Widmann氏、SAPの Senior Manager Puttrich氏、IVI理事堀水氏(日立製作所)は、両サイドにおいて生み出された事例を紹介し、IVI理事古賀氏(東芝)はIVI地域セミナーにおける中小企業の支援について講演しました。

    今回の合同ワークショップは、両国における課題や取り組み、Industrie 4.0/IoTの技術が導入される製造業企業の環境の共通点、相違点を学びあう機会となりました。今後、活動における連携が実際に展開していくことが期待されます。

    *1 Allianz Industrie 4.0 BW:BW州においてIndustrie 4.0への取り組みを推進する団体。

    *2 bw-i:同州の国際的な経済・学術交流の促進団体。

     

    合同ワークショップの様子(都内で開催)

     

1 3 4 5 6 7 8 9 10 11 17