j-news

IVIレターVol.6(2016/6/1)


IVIつながるものづくりアワード2016

5月30日に諮問表彰委員会が開催され、「IVIつながるものづくりアワード2016」の選考が行われました。

2015年度の20の業務シナリオWGの中から、諮問表彰委員会の有識者の皆さまによる厳選なる審査の結果、「IVIつながるものづくりアワード2016」最優秀賞1件、優秀賞4件と特別賞2件が決定しました。

受賞された皆様はおめでとうございました!!

6月17日に開催される「IVI法人化記念シンポジウム」の中で表彰式が行われ、賞金と表彰状が授与されます。表彰状は、各WGで一緒に活動された企業の方にも授与されます。

また、最優秀賞1件・優秀賞4件の記念プレゼンテーションが行われます。それぞれの企業がどのような活動を行ってきたのか、をご確認いただくことができます。

最優秀賞には、中小企業を中心とするつながる町工場(ファシリテーター
今野製作所)が選出されました。諮問表彰委員会  小川紘一委員長( 東京大学政策ビジョン研究センター シニア・リサーチャー)は、受賞理由として、「日本のものづくりを担う中小企業の未来を切り開くことにつながる活動である」として、その取り組み内容を高く評価しました。

【最優秀賞】
306  中小企業を中心とするつながる町工場(今野製作所、富士通、西川精機製作所、エー・アイ・エス、理化工業、伊豆技研工業、三菱総合研究所、ITコーディネータ協会)

【優秀賞】
211   人と設備の共働工場における働き方の標準化(トヨタ自動車、他)
108-3  想定外の状況に対応可能なMES(デンソー、他)
106-1  現物データによる生産ラインの動的管理(パナソニック、他)
108-2  企業を超えて連携する自律型MES(小島プレス、他)

【特別賞】
106-3  保全データのクラウド共有とPDCA(NEC、他)
105   設備ライフサイクルマネジメント(矢崎部品、他)

なお、「IVIつながるものづくりアワード2016」の選考にあたっては、1次審査(理事長&ビジネス連携委員)で10件を選出、2次審査(理事長&諮問表彰委員会)ではそのうち上位7件が活動内容のプレゼンを行い、その結果も含めて選出、という厳選なる審査が行われています。

→ IVI法人化記念シンポジウムについて(参加申込ページのリンクあり)
https://iv-i.org/events/160617.html

→ 参加申込ページ

https://docs.google.com/forms/d/1cN7K5jDWXeOBv3YgRi_20T-1bFWOU_Kd-Arq0l3WIHM/viewform

 

IMG_6641

諮問表彰委員会(5月30日開催)

IMG_6632

最優秀賞を受賞された今野製作所 今野社長のプレゼン


編集後記

IVI Newsレター担当 高鹿です。

IVI Newsレター 第6号では、「IVIつながるものづくりアワード2016」についてお届けしました。6月から活動がスタートしたIVIの1つの成果です。最優秀賞・優秀賞の記念プレゼンテーションをご覧いただくと、IVIの活動をよりご理解いただけるのではないかと思います。

これからも皆様に役立つ情報をお届けしていきますので、今後ともご愛顧よろしくお願いします。

発行:インダストリアル・バリューチェーン・イニシアチブ
パブリシティ委員会