IVIと日本電機工業会(JEMA)がMoUに調印しました。

2018年4月19日、IVIは一般社団法人日本電機工業会(会長 北澤 通宏、以下JEMA)と、スマートマニュファクチャリングの実現と電機産業の振興において、互いに連携・協力することに合意し協定を締結しました。

IVIとJEMAは、以下事項の活動において連携・協力することに合意しています。

 1.国際活動及び国際標準化活動

 2.研究交流及び人材交流

 3.会員間交流の促進

 4.人材育成の相互支援

 5.研究施設・設備の相互利用

 6.その他本協定の目的を達成するために互いに必要と認める事項

 

(調印式の写真、写真左:IVI 西岡理事長、写真右:JEMA 海老塚専務理事)

 

この合意に沿って、ハノーバーメッセ2018において共同展示ブースを設置いたします。

国際活動及び国際標準化活動の分野での最初の連携として、トイツハノーバーにおいて4月23日~4月27日に開催されるハノーバーメッセ2018で、IVIとJEMAはデジタル・ファクトリーをテーマとする展示館(HALL7)に共同で展示ブースを設置し、その活動を紹介します。

 

今後は、研究交流、人材交流、会員間交流、人材育成、研究施設・設備の相互利用において連携していきます。IVIは、JEMAが担当する製品分野において、新規の規格の提案や、その有効性を確認する研究などに対してその活動を支援して行きます。

 

ページの先頭へ