2019年7月

j-news

IVIニュースレターNo.27(2019/7/8)

 IVIも新年度から3か月が経過し、この間、平成から令和に時代が移る中で活動が本格化しています。今年度の業務シナリオWGも立ち上がりつつあり、さらに「ものづくりデータ取引」への取り組みも本格化しつつあります。
 令和元年もIVIにご注目ください。


≪ 「ものづくりデータ取引」セミナー報告 ≫

 7月2日(火)午後、東京・市ヶ谷のTKP市ヶ谷カンファレンスセンターで「ものづくりデータ取引」プロジェクト説明会を開催しました。説明会の会場には81人の来場者が詰めかけ、東京会場の内容をネット中継した名古屋会場(ブラザーミュージアム)では15人が参加しました。東京会場は前方に設けた関係者席を除いてほぼ満席という状況で、同プロジェクトに対する産業界の関心と期待の高さをうかがわせました。

 説明会では渡部裕二事務局長がIVIとその活動内容を紹介し、続いて西岡靖之理事長がものづくりデータ取引やCIOFの概要、ステークホルダー別のビジネスモデル、今後のスケジュールなどについて詳しい説明を行いました。CIOFとはConnected Industries Open Framework の略で、政府/経済産業省が進めるコネクテッドインダストリーズ(コネイン)対応のプラットフォームを作るプロジェクトです。参加者は、CIOFがどういったもので、ブロックチェーンを使った新しいデータ取引の仕組みがいつ本格的に商用化され、どういったビジネス上のメリットがあるのか、といった部分について熱心に聞き入っていました。

会場の様子

資料公開中:
https://iv-i.org/wp/ja/2019/06/27/ciof_seminar/

続きを読む “IVIニュースレターNo.27(2019/7/8)”