作者別: iviwebeditor

お知らせ

IVIとドイツのFIWAREおよびIDSAがMoUに調印しました。

IVIは、2018年10月15日にドイツのFIWARE Foundation(CEO Ulrich Ahle、以下FIWARE)およびInternational Data Spaces Association(Chairman Dr. Reinhold Achatz、以下IDSA)と協力して、ビジネスエコシステムにおけるデータのセキュリティとその安全な利用・交換で共通ガバナンスモデルの標準化を推進することに合意しました。
続きを読む “IVIとドイツのFIWAREおよびIDSAがMoUに調印しました。”


お知らせ

世耕経産相も参加したConnected Industries カンファレンス2018に西岡理事長が登壇しました。

2018年10月15日、都内で開かれた経済産業省主催「Connected Industries カンファレンス2018」に西岡理事長がパネリストとして登壇しました。登壇したセッションは「ものづくり分野における協調領域の拡大」をテーマにIVIが幹事会社として採択され、事業を進めている「製造プットフォームオープン連携事業(最下部参照)」について、世耕経産相のほか、コンソーシアム企業であるDMG森精機森社長、日立製作所東原社長、ファナック稲葉会長、三菱電機山西特別顧問らと意見交換をしました。

左から2番目が西岡理事長、右から2番目が世耕経産相

続きを読む “世耕経産相も参加したConnected Industries カンファレンス2018に西岡理事長が登壇しました。”


お知らせ

IVIつながるものづくりアワード2018決定!

2017 年度に活動した22 の業務シナリオWGの中から「AI による生産ラインの生産性向上と自動化進展~第一弾:検査工程への取り組み~ ファシリテーター:マツダ株式会社」の受賞が決定しました。ビジネス連携委員会 西村栄昭委員長(ブラザー工業株式会社)による総評では、設備の稼働、生産性の向上のみならず、現在の日本のものつくりの大きな課題でもある、品質向上、トレーサビリティの担保などにも取り組み、大きな成果を上げていることが挙げられていると称えました。
続きを読む “IVIつながるものづくりアワード2018決定!”



お知らせ

IVIと台湾の工業技術研究院(ITRI)がMoUに調印しました。

IVIは、2018年8月30日に台北市にて台湾を代表する研究機開発機構である「工業技術研究院 Industrial Technology Research Institute of Taiwan(以下ITRI)」と産業向けIoT(インダストリアルIoT:IIoT)推進で連携する合意文書(MoU)に調印しました。

IVIとITRIは、以下の活動で連携することに合意しました。

  1. 保有する技術や知見の交換共有
  2. ユースケースの共有
  3. 両者の交流や連携の促進など互いに協力できる分野での幅広い活動

(写真中央が西岡理事長)

IVIとITRIは日台相互でインダストリー4.0に関する情報交換、互いの活動への相互参加などを通じユースケース作成、産業プラットフォーム接続など、両者が連携してエコシステムの育成を目指して協力していきます。


お知らせ

IVIモデラーベーシック版リリース

本年度の業務シナリオWGにて利用する2018年度版のIVIモデラー(ベーシック版)をリリースしました。ライセンスキーは不要ですので、IVIメンバーはどなたでも利用できます。

サイト版とは異なり、ローカルコンピューター上でデータを保持しますので、レスポンスは各段に向上しております。インストールおよび簡単なチュートリアルも載せましたので、ぜひご活用ください。

180710_IVIModeler2018_BasicEdition

なお、ダウンロードは、以下のサイトから可能です。

https://iv-i.org/ivimodeler/

ご質問、ご要望等は、オープングループにて受け付けております。こちらもあわせてご活用ください。

会員ページ → グループ → オープングループ → IVIモデラーサポートページ


お知らせ

IVIと日本電機工業会(JEMA)がMoUに調印しました。

2018年4月19日、IVIは一般社団法人日本電機工業会(会長 北澤 通宏、以下JEMA)と、スマートマニュファクチャリングの実現と電機産業の振興において、互いに連携・協力することに合意し協定を締結しました。

続きを読む “IVIと日本電機工業会(JEMA)がMoUに調印しました。”



お知らせ

ハノーバーメッセ2018での講演

 

ハノーバーメッセ(4月23日から27日)は、インダストリー4.0の発祥の地であり、年一回、世界中の製造業が注目するイベント、パブリシティの場となっています。フォーラムインダストリー4.0では、この期間をとおして、厳選されたトピックを30分枠で照会するもので、いわば今年度のスマートファクトリーの各国、各地域の注目を集めたショーケースとなっていますが、今回、IVIからは、3年連続で、3回目となるプレゼンが採択されました。

場所は、Hall 8 Stand D17で、ちょうど産業オートメーションとデジタルファクトリーの2つのトピックが集結したホールとなっています。

http://www.hannovermesse.de/exhibitor/forum-industrie-4.0/U370642

また、IVIでは、JEMA(日本電機工業会)と合同でブースも出展しておりますので、そちらでは、期間中は、ずっと待機しておりますので、もしプレゼンを見逃した場合はブースのほうにもお立ち寄りください。IVRA-Nextのインパクトをしっかりお伝えできるとおもいます。こちらは、Hall 7 Stand A31となります。

http://www.hannovermesse.de/exhibitor/industrial-value-chain-initiative/T937332

では、皆さま、ハノーバーでお会いしましょう!

 

 


お知らせ

地域セミナー2018の募集(支援機関向け)

 

IVIでは日本全国の中小製造業のIT化、IoT化を支援するために、地域セミナーを開催しております。すでに、2016年度は全国4拠点71社83名が受講し、2017年度は全国8拠点125社、159名が受講し成果をあげています。IVIの「つながるものづくり」のためのボトムアップなカイゼン手法が、ITになじみのない現場であっても大きな気づきをあたえ、データを利活用した新しいITカイゼンの第一歩を踏み出すことに貢献しています。

2018年度は、さらに体制を整え、できるだけ多くの地域のご要望にお応えすべく全国15拠点まで対応可能としました。また、まずは気づきからという地域の皆様には、1日コースの体験セミナーも用意しております。ぜひ、皆さまの地域の中小製造業の応援を、IVIもお手つだいさせていただければとおもい、セミナープログラムを提案させていただきます。ご検討ください。

プログラムチラシ

問合せは、IVI事務局 石川まで