j-news

j-news

IVIニュースレターNo.32 (2020/5/7)

 お待たせしました。2020年度最初のニュースレターをお届けします。
 この数か月で世の中がすっかり様変わりしつつあります。この大きな変化に適合することが生き残りには不可欠であるという認識に立って、IVIはその歩みを止めない、そのことを西岡理事長と西村代表幹事が言葉にしました。
 さらにスタートアップセミナーをライブ配信します。ご期待ください。


≪ 理事長より:IVIのこれから ≫

 コロナウィルス感染症の拡大により、世界が大きく変わろうとしています。歴史を紐解けば、人類とウィルスとの闘いは今回が初めてではありませんが、いま私たちはまさに、そうした歴史の渦の中でもがいています。これは現実であり、常に新たな意思決定と行動が求められています。人とモノと情報のグローバル化が進んだ現代、その生命線ともいえる人の移動、人と人との接触を極限まで制限したとき、社会はどのように変容するのか、変容せざるを得ないのか。これまで考えたことがない状況を想定した新しいソリューションを、それぞれの状況に応じて、それぞれ自分の頭で考えなければなりません。

 情報社会といわれて久しいですが、私たちの身の回りの情報、入手可能で利用可能な情報は、これから数年、コロナウィルスとともに生きて行かなければならない社会にとって、大きな何かが欠けているようです。デジタルトランスフォーメーション(DX)がその答えであるとも思えません。社会の根底にある人と人とのコミュニケーションの本質は、古代から現在にいたるまで、おそらく何も変わっていないようで、インダストリー4.0も、ソサエティー5.0も、すべてこうした人と人とのつながりを前提として成り立っています。

 そうだとすれば、ここで今一度、そうした原点に立ち返り、人を中心として社会はどうあるべきか、そして企業や団体は何ができるのかを考えたいと思います。人は生活者(消費者)として、そして生産者(働き手)として、情報から何を学び、情報とどのように接しているのか。そして、その後に、デジタルでできること、デジタルができること。こうした順序で考えていくと、逆に、デジタルでできないことが見えてきます。そして、それは、今回のパンデミックによって明らかになったことと、ほぼ一致していることに改めて気づかされます。

 コロナウィルスとの闘いは長期戦となる前提で、IVIはこれまでと同様に、“つながるものづくり”の具現化を目指し、デジタルとアナログの切り分け、そして協調領域と競争領域の切り分けのための手法やしくみを提供してまいります。地域を支える多くのサービス事業者が危機的な状況にある中で、そこで必要となるモノを生産し、情報とともに届けるのが製造業の役割です。モノに託された作り手の思いやメッセージは、サプライチェーン/バリューチェーンを通じて、人々に伝わります。 “つながるものづくり”を標榜するIVIにとって、ここが、踏んばりどころどころといってよいでしょう。いよいよ2020年度の活動が始まります。


続きを読む “IVIニュースレターNo.32 (2020/5/7)”


j-news

IVIニュースレターNo.31(2020/3/2)

 本来であれば春のシンポジウムのご案内をするところですが、やむなく中止を決定しました。今年度の締めくくりの仕方は決定次第ホームページ等でお知らせしていきます。。


≪ 公開シンポジウム2020 -Spring- 中止します≫

 3月12・13日に開催を予定しておりました「IVI公開シンポジウム2020-Spring-」ですが、新型コロナウイルスの感染拡大への懸念に基づいて、健康と安全を最優先に考慮し、両日とも一旦中止とさせていただきます。
  既にご参加登録をしていただきました方には大変申し訳ございませんが、ご理解いただけますよう何卒よろしくお願い致します。
 なお、今年度活動報告等の公開方法については決定次第、ホームページ、ニュースレター等でお知らせいたします。


≪ 日中スマート製造セミナーに出席 ≫

 経済産業省からの要請で、西岡理事長が12月20日に中国北京市で行われた第三回日中スマート製造セミナーに出席しました。パネルディスカッション「スマート製造における新技術の応用、連盟のプラットフォーム活用」でIVIの概要と製造業オープン連携プラットフォーム(CIOF)について紹介しました。IVIおよびCIOFについては中国でも既に知られており、中国の工信部(日本でいう経済産業省)から高く評価され、今後の具体的な標準化活動のみでなく、ビジネス展開なども期待できそうな感触を得ることができました。

続きを読む “IVIニュースレターNo.31(2020/3/2)”


j-news

IVIニュースレターNo.30(2019/12/17)

 令和はじめての正月が近くなりました。
 今年もIVIでの議論、ご支援、ご鞭撻等、ありがとうございました。
 今回は秋の京都でのシンポジウム振り返りと先進研究分科会のアウトプット、そしてIVIの海外活動についてお伝えします。


≪ 公開シンポジウム2019 -Autumn- 振り返り ≫

 秋のシンポジウムは約270名が京都に集まり、モノからコトへの流れを取り込みながら製造業の変革を謳う理事長講演はじめ、IVIの描く現在・未来のものづくりの姿をぎゅっと凝縮して皆様にお届けする、またとない機会となりました。
 当日参加されていない方も資料は一部を除いてホームページ上で見られます。是非ご覧いただき、どんどん深化し、進化するするIVIのさまざまな活動を実感ください。

講演資料はこちら
→ https://iv-i.org/wp/ja/2019/09/03/symposium2019-autumn/

続きを読む “IVIニュースレターNo.30(2019/12/17)”


j-news

IVIニュースレターNo.29(2019/10/1)

 恒例の秋の公開シンポジウムの申込みはされましたか?今年は10月10日(木)、京都国際会館で開催します。
 暑い夏の余韻として熱いIVIの議論に参加ください。


≪ 公開シンポジウム2019 -Autumn- 申込み受付中 ≫

 秋の公開シンポジウムの申込みを受け付けています。内容も固まりました。
 データの時代にものづくりの現場で何ができるかをケーススタディと課題解決のシナリオを通して考えよう、という「場」です。
 皆さまのご来場を心よりお待ちしています。

◆日時:10月10日(木)13:00~
◆場所:国立京都国際会館(京都市左京区宝ヶ池)Room A
     (地下鉄烏丸線「国際会館駅」から徒歩5分
    https://www.icckyoto.or.jp/visitor/access/getting_here/

◆プログラム:
・招待講演 慶應義塾大学理工学部 山中直明氏
 「ICT技術とデータの活用によるスマート社会の実現 ―自動運転と電力のケーススタディ―」
・基調講演 IVI理事長 西岡靖之
 「”モノからコトへ”とはどういうことか? ~デジタルトランスフォーメーションの正しい理解~」
・業務シナリオWGの活動内容発表
   つながるものつくりを実装する
   DX時代のものづくり最前線
   AIで切り拓くものづくり新時代
   資産価値向上こそ生きる道
 
◆参加費:9,000円(税込み、テキスト代込み)

◆詳細、お申込みはこちら
→ https://iv-i.org/wp/ja/2019/09/03/symposium2019-autumn/

続きを読む “IVIニュースレターNo.29(2019/10/1)”


j-news

IVIニュースレターNo.28(2019/8/20)

 秋のシンポジウムは10月10日(木)に京都で開催することとなりました。まずはご予定に書き加えてください。
 これに先立ち、今年度の業務シナリオWG、18テーマが活動を開始しました。5年目となる今年で累計104の業務に即したテーマを数えることになります。シンポジウムでは今年度WGの活動内容紹介をはじめ、旬な話題を提供します。ぜひご期待ください。


≪ 公開シンポジウム2019 -Autumn- 日時・場所のご案内 ≫

 恒例の公開シンポジウム、春は東京開催、秋は一昨年から東京を離れて、名古屋、大阪と移ってきましたが、今年は京都で開催します。内容の詳細は現在詰めているところですが、まずはご予定の確保をお願いします。
 申込み開始は9月上旬を予定しています。

◆日時:10月10日(木)13:00~
◆場所:国立京都国際会館(京都市左京区宝ヶ池)Room A
 https://www.icckyoto.or.jp/visitor/access/getting_here/

◆プログラム(予定):
・招待講演 慶応大学理工学部情報工学科教授 山中直明氏(データ取引など)
・基調講演 IVI理事長 西岡靖之
・ものづくりデータ取引の基盤となる「CIOF(Connected Industries Open Framework)」の取組み紹介
・18の業務シナリオWGの活動内容発表 など

◆参加費:未定

続きを読む “IVIニュースレターNo.28(2019/8/20)”


j-news

IVIニュースレターNo.27(2019/7/8)

 IVIも新年度から3か月が経過し、この間、平成から令和に時代が移る中で活動が本格化しています。今年度の業務シナリオWGも立ち上がりつつあり、さらに「ものづくりデータ取引」への取り組みも本格化しつつあります。
 令和元年もIVIにご注目ください。


≪ 「ものづくりデータ取引」セミナー報告 ≫

 7月2日(火)午後、東京・市ヶ谷のTKP市ヶ谷カンファレンスセンターで「ものづくりデータ取引」プロジェクト説明会を開催しました。説明会の会場には81人の来場者が詰めかけ、東京会場の内容をネット中継した名古屋会場(ブラザーミュージアム)では15人が参加しました。東京会場は前方に設けた関係者席を除いてほぼ満席という状況で、同プロジェクトに対する産業界の関心と期待の高さをうかがわせました。

 説明会では渡部裕二事務局長がIVIとその活動内容を紹介し、続いて西岡靖之理事長がものづくりデータ取引やCIOFの概要、ステークホルダー別のビジネスモデル、今後のスケジュールなどについて詳しい説明を行いました。CIOFとはConnected Industries Open Framework の略で、政府/経済産業省が進めるコネクテッドインダストリーズ(コネイン)対応のプラットフォームを作るプロジェクトです。参加者は、CIOFがどういったもので、ブロックチェーンを使った新しいデータ取引の仕組みがいつ本格的に商用化され、どういったビジネス上のメリットがあるのか、といった部分について熱心に聞き入っていました。

会場の様子

資料公開中:
https://iv-i.org/wp/ja/2019/06/27/ciof_seminar/

続きを読む “IVIニュースレターNo.27(2019/7/8)”


j-news

IVIニュースレターNo.26(2019/3/8)

 春3月、いよいよシンポジウムが近づいてきました。IVIへの期待も高く、多くの参加申し込みをいただいています。2日目の一部で申し込みを締め切ったセッションもありますが、それ以外はまだ空きはあります。1日目だけ、2日目だけの参加も可能です。
 今回はシンポジウムの見どころと最近のトピックスをお伝えします。

続きを読む “IVIニュースレターNo.26(2019/3/8)”


j-news

IVIニュースレターNo.25(2019/2/7)

 IVI恒例 春のシンポジウムのお知らせです。年を追うごとに、多種多様な内容になっています。「つながるものづくり」に向けてみなさんと一緒に考える場です。満席が予想されますので、お早目に申込みをお願いします。

≪ 今年のIVIは? ≫

 2019年も既に2ヶ月目に入りました。シンポジウムを前に西岡理事長の今年の意気込みをどうぞ。(会員の方に届いている年始メール再掲です。)

-----
ようやく当初のブームが終わり、いよいよ第4次産業革命(と思わしき時代)が幕を開けました。技術の分からない多くの官僚と、官僚が好きになれない技術者を尻目に、スタートアップ企業と市民活動家が、デジタルの地平を限りなく広げはじめています。今のところ、そこから日本企業や日本人の関与は聞こえて来ませんが、ボーダーレス世界では、もはや国籍などはあまり重要ではないようです。 続きを読む “IVIニュースレターNo.25(2019/2/7)”


j-news

IVIニュースレターNo.24(2018/12/11)

 あっという間に師走となりました。この1年もIVIは新しい取組みを続々と進めてきました。
 総合企画委員会としても、先進研究分科会の推進をはじめ、ホームページのリニューアルをしたり、近日中に発行するIVIパンフレットを改訂したりと、「つながる工場」の将来像の議論の場を作りつつ、IVIのプレゼンス向上施策を推進してきました。
 いよいよ春の公開シンポジウムの概要が固まりましたのでご案内いたします。是非ご期待ください。
続きを読む “IVIニュースレターNo.24(2018/12/11)”


j-news

IVI ニュースレター No.23 (2018/10/3)

 秋の公開シンポジウムが近づいてきました。初の大阪開催です。これまで参加したことがない方も、そうでない方も「つながるものづくり」の最新情報に触れて、「あぁ、そういうことなんや」と感じていただく機会です。

≪ 公開シンポジウム2018 -Autumn- 見どころ聞きどころ ≫

続きを読む “IVI ニュースレター No.23 (2018/10/3)”